世界初!Ninja H2R ボンネビル・スピードウィーク仕様が鈴鹿8耐でデモラン決定!トリックスターのレース仕様を含む3台のH2Rが走行

160705_08※画像は2015年の時速348km達成マシン

史上最速の”Ninja”H2Rパフォーマンスラップ

鈴鹿サーキットが2016年7月28日~31日に開催する鈴鹿8時間耐久レース。31日に行われる決勝レース前に、Team38のNinjaH2R ボンネビル・スピードウィーク仕様マシンが、世界初のデモンストレーションランをすることが決定した。

世界中から世界最速の座を目指して2輪、4輪のモンスターマシンが集まる「ボンネビル・スピードウィーク」に参戦する、Team38のNinja H2R。世界初走行となるだけに注目が集まる。

また、トリックスターのNinja H2Rレーサー仕様車と、Ninja H2Rノーマル仕様車も参加。計3台のH2Rが国際レーシングコースでフルコース走行を行う。

160705_09
▲Ninja H2Rレーサー仕様(トリックスター)
160705_10
▲Ninja H2Rノーマル仕様

※ボンネビル・スピードウィーク
アメリカ・ユタ州のボンネビル・フラッツで、マシンの最高速度を競うイベント。
2016年は8月13日(土)~19日(金)に開催される。

以下プレスリリースより

■日時
7月31日(日)決勝レース前

■場所
国際レーシングコース フルコース

■走行車両
Ninja H2R ボンネビル・スピードウィーク仕様 2016年型
Ninja H2R レース仕様(トリックスター)
Ninja H2R ノーマル仕様

→全文を読む

情報提供元 [ 鈴鹿サーキット ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る