[HONDA]JMX Rd.5 成田が2位/6位でレースを終えて総合4位。ランキングトップを守る

160704_105

2016年7月3日(日)・決勝
会場:神戸空港島特設コース
天候:晴れ
気温:31℃
コースコンディション:ドライ
観客:6896人

今季の全日本モトクロス選手権は年間9戦が設定されていることから、今回がちょうど折り返し地点。シーズン後半の行方を占う、第5戦神戸大会が行われました。この大会は、神戸空港がある人工島の一角に設けられた、スーパークロスの要素が色濃い特設コースが舞台。市街地からの近さと公共交通機関によるアクセスのしやすさが魅力です。

基本のレイアウトを昨年からほぼ踏襲。そこに、水はけのいい砂礫(砂や小石)に加えて今年は赤土系の山土も搬入して設立されたコースは、リズムセクションやタイトターンが多くあり、1周の距離は短く、パッシングポイントは少なめ。柔らかめの路面には、走行によって深いわだちやギャップが生まれました。

160704_109

ちょうど梅雨の中休みにぶつかったことから、今大会は天候に恵まれ、予選が行われた土曜日が晴れ、決勝レースで盛り上がった日曜日が曇りときどき晴れ。最高気温は30℃前後まで上昇しましたが、海からの風が強めに吹いたことで、実際の気温よりはやや低めの体感でした。

今季これまでに6勝を挙げ、シリーズランキングをトップで今大会を迎えたTeam HRCの成田亮は、決勝ヒート1で抜群のスタートダッシュを披露して、オープニングラップをトップでクリア。レース序盤、新井宏彰(カワサキ)を僅差で従え、ポジションを譲ることなく周回を重ねていきました。

160704_108

レースが中盤に入ると、成田と新井の2台に小島庸平(スズキ)と深谷広一(スズキ)が近づき、トップグループは4台に。しかし4番手の深谷は、集団からやや離れた位置を走行していたことから、実際には成田と小島と新井が、接近戦のトップ争いを繰り広げることになりました。

トップの座を奪おうとプレッシャーをかける小島と新井に対して、成田も必死の応戦。3台によるバトルは、数周にわたって続きました。そうして18周目、ついに成田は小島の先行を許してしまいました。すると今度は、新井が成田に肉迫。しかしこちらのアタックは最後まで防ぎ、成田は25周でチェッカーとなったレースを2位でゴールしました。

160704_107

ヒート2の成田は、パッシングポイントが少ないこのコースで最も重視してきたスタートがやや決まらず、オープニングラップを5番手でクリア。それでも、3周目には小方誠(カワサキ)と熱田孝高(スズキ)をパスして3番手に順位を上げると、前を走る小島や田中教世(カワサキ)に迫り、5周目には一気にトップも狙える位置を確保しました。

6周目、まずは小島の攻略に成功した成田は、次周から田中を僅差でマーク。成田の背後には小島、小方、平田優(ヤマハ)が続き、上位勢は大混戦となりました。9周目、成田は田中をパスしてトップに浮上。しかし背後には、7番手に下がった小方までが、わずかの差で続く状況となりました。

レース後半、序盤の追い上げで体力を消耗した成田は一気にペースを落とし、これにより周回ごとにライバルたちの先行を許す展開に。必死の粘りも通じず、25周のレースを7番目にゴールしました。ただレース後、トップでチェッカーを受けた平田にコースショートカットのペナルティーによる1周減算が科せられ、成田は繰り上がって6位となりました。

160704_106

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハは、2サイクルエンジンと軽量な車体で一世を風靡した「RZ250」のガソリンタンクの「ニ…
  2. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  3. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
  4. 【賀曽利隆:冒険家・ツーリングジャーナリスト】 前回:賀曽利隆の「温泉めぐりの半島一周」房総半…
ページ上部へ戻る