【新車】ドゥカティ、「Multistrada 1200 Enduro(ムルティストラーダ1200 エンデューロ)」国内発売が開始

mts_E024-20160629

ドゥカティが放つリアル・アドベンチャーモデル「Multistrada 1200 Enduro(ムルティストラーダ1200 エンデューロ)」が、いよいよ7月に国内で発売となる。

ハードなツーリングもこなす、リアル・アドベンチャーモデル

フロント19インチ、リア17インチのスポークホイールを採用するムルティストラーダ1200 エンデューロ。
ヨーロッパのハードなツーリングライダーも満足させるアドベンチャーモデルとして発表されたモデルで、フロントとリアの両方には、ザックス製電子制御セミアクティブ・サスペンションを搭載。30リットルの燃料タンクを備えており、軽く450km以上は無給油での走行が可能だ。

mts_E017-20160629mts_E019-20160629

電子制御技術を数多く採用し、ライダーをサポート

先進装備も数多く搭載されており、傾斜センサーを基にしたコーナリングABS、コーナリング・ライト(DCL)や、エンジン関連のドゥカティ・トラクション・コントロール(DTC)、ドゥカティ・ウィリー・コントロール(DWC)といった電子制御を採用。
さらにドゥカティとしては初めて、坂道発進を助けるビークル・ホールド・コントロール(VHC)を採用した。

48mm径のフロント倒立フォークは200mmのホイール・トラベルを誇り、リアサスペンション共通でドゥカティ・スカイフック・サスペンション・エボリューション(DSS EVO)と呼ばれる電子制御を採用。オンロードでもオフロードでも最適なセッティングとなるように調整できるようになっている。

mts_E002-20160629mts_E007-20160629

ホイールは前後ともチューブレスのスポーク仕様で、120/70 19インチ、170/60 17インチと強力なエンジンパワーに見合ったタイヤサイズがチョイスできる。

強力なトルクを発生する「テスタストレッタ」エンジン

搭載されるエンジンはドゥカティ・テスタストレッタDVT(デスモドロミック可変タイミング)で、インテークバルブとエグゾースト・バルブのタイミングを個別に変更し、高回転域のパフォーマンスを最適化。最高出力を引き上げ、低回転域ではスムーズな動作を強調し、リニアなパワーデリバリーと豊かなトルクを演出している。

当然オフロードにおいても最適なパワーを発生するこのパワーユニットは、4つのライディングモードのうち「エンデューロ」モードを選ぶことで、悪路において不要なパワーをカットし、トラクションコントロールの介入を減らすなど、最適な制御を行ってくれる。
これによってオフロードにおいての瞬発力や、リアのスライドもコントロールすることができるのだ。

mts_E021-20160629

106mmのボアと67.9mmのストローク(総排気量:1,198cc)から発生する最高出力と最大トルクは、160HP/9,500rpm、136Nm/7,500rpm、エンジン回転が3,500rpmでも100Nmのトルクを発揮する。
1速のギア比も他のムルティストラーダシリーズに比べて、オフロード用に低く設定されており、トラクションのかかりづらい路面においても発進しやすく、グリップを失わないように配慮されている。

※諸元値はいずれもイタリア仕様

30リットルのビックタンクが収まるようにデザインを修正

 
フェアリングは、新しい30リットル燃料タンクを一体化できるようデザインされており、他のムルティストラーダシリーズよりも延長されたフロント・ビークは、フロント・マッドガードと相まって、ライダーを泥跳ねから守るようになっている。
ヘッドライトはLEDを採用し、コーナリングライトがバンク角に合わせて点灯する仕様だ。
mts_E025-20160629

メーターは5インチのTFT液晶となっており、ディスプレイ表示項目は周辺光やライディング・モードに応じて自動的に変化するなど、先進の装備に見合ったメーターとなっている。ディスプレイの表示項目はライダー側でもセットアップが可能だ。

さらにBluetooth経由でスマートフォンとペアリングすることで、ハンドルバーのボタンで電話に応答することが可能。音楽を聴いたり、メールやSMSを受信した時には受信通知を受けたりといった機能も備えている。

mts_E009-20160629

また、ムルティストラーダ・リンクAppをダウンロードすることで、ツーリング情報やバイクのデータを分析することも可能で、ウェブサイト(ducati.com)やソーシャル・ネットワークに接続することで、他人と情報を共有することができるようになっている。

メーカー希望小売価格は2,699,000円(税込み)からとなっており、日本でのカラー展開は3色(ドゥカティ・レッド、ファントム・グレイ、スターホワイト・シルク)。カラーによって価格が異なる。

日本導入は7月中の予定で、一部では予約を開始している。

mts_E001-20160629

>>Webikeバイク選び ドゥカティ ムルティストラーダ1200エンデューロ 一覧

【関連ニュース】
◆もれなくオリジナル手ぬぐいが貰える「Multistrada 1200 Family Fair」を開催
◆4名のジャーナリストによるプレスローンチを開催、公式HPに随時公開
◆ウェブページ「The Wild Side of Ducati」でムルティストラーダ1200エンデューロのエピソードを公開

ムルティストラーダ1200 エンデューロ PV

ムルティストラーダ1200 エンデューロ ギャラリー

mts_E016-20160629mts_E013-20160629mts_E014-20160629mts_E015-20160629
mts_E018-20160629mts_E026-20160629mts_E023-20160629mts_E022-20160629
mts_E010-20160629mts_E011-20160629mts_E027-20160629mts_E012-20160629

情報提供元 [ Ducati Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る