[Team KAGAYAMA]JRR Rd.5 J-GP2クラスで浦本修充が怒濤の開幕4連勝!

160628_33

■大会名
2016 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦
SUGO SUPERBIKE 120 miles ENDURANCE RACE

■開催日
[予選] 2016年6月25日(土曜) 天候:曇りコース:ドライ
[決勝] 2016年6月26日(日曜) 天候:曇りコース:ドライ
■観客動員数
5700人(2日間合計)

■開催場所
宮城県スポーツランドSUGO(1周=3.7375km)

■ライダー
JSB1000クラス:加賀山就臣
J-GP2クラス:浦本修充

■マシン
JSB1000クラス:SUZUKI GSX-R1000L6 ヨシムラチューン
J-GP2クラス:SUZUKI GSX-proto71

■結果
JSB1000クラス:加賀山就臣予選/8番手(1分28秒594) 決勝/8位
J-GP2クラス:浦本修充予選/2番手(1分30秒331) 決勝/優勝

全日本ロードレース選手権第5戦が宮城県・スポーツランドSUGOで行われました。シリーズ第4戦オートポリスが熊本地震の影響で中止となったため、第3戦ツインリンクもてぎ以来のレースです。

JSB1000レポート

JSB1000クラスは、1周約3.7kmのSUGOを52周(約194km)するというセミ耐久。このセミ耐久は、今年で4年目となり、2014年には優勝もしているだけに加賀山にとって相性のいいコースと言えるでしょう。2012年にもTeam KAGAYAMAとして初優勝を飾っているだけに、その再現を狙いたいところでした。

しかし、事前テストに合わせたように宮城県も梅雨入りし、不安定な天候に悩まされ、予定していたテスト項目をこなせずにレースウイークを迎えていました。

初日となった金曜、公式予選が行われた土曜と今にも雨が降りそうな曇り空となり、気温もそれほど上がらず、湿度の高い梅雨特有のコンディションとなっていました。

初日はフィーリングがよくないまま終えてしまっていたため、1時間の計時で行われた公式予選では、ピットイン、ピットアウトを繰り返し、マシンをアジャストしながらセットアップして行きました。予選セッションでは、いいフィーリングが得られず自己ベストにも届かず8番手となりました。

決勝日は、朝から青空が広がり強い日差しがアスファルトを照らし、路面温度も上昇しました。朝のウォームアップ走行でセッティングを変更し、3番手にポジションをあげ、いい手応えを感じることができ、レースに向けてモチベーションが上がってきていました。

ライダーがマシンに駆け寄るル・マン式スタートで始まった決勝レース。加賀山は、今回も好スタートを切り、3番手で1コーナーをクリアします。

160628_37

オープニングラップは一つポジションを落としたものの4番手でホームストレートを通過。何とか前についていきたいところでしたが、ウォームアップ走行でよかった感触が出て来ません。

3周目には7番手にポジションを落としますが、後続を抑えながら周回を重ねて行きます。そして26周目にピットインし、ガスチャージとタイヤ交換を行い、再びコースに戻ると単独走行となり8位で長丁場のレースを走り切りました。

160628_36

 

J-GP2レポート

J-GP2クラスの浦本修充は、予選でコースレコードを更新しますが、生形選手がさらに速いタイムを出し2番手。

決勝では、好スタートを切りホールショットを奪いますが、オープニングラップのバックストレートでかわされ2番手を走行。トップを走るライダーをピタリとマークしながらレース終盤を迎えます。

160628_34

するとトップを走るライダーに黒旗が提示され、思わぬ形でトップに浮上。そのまま後続を抑え切り開幕4連勝を飾りました。

160628_35

 

加賀山就臣ライダー・総監督コメント

160628_38

決勝日朝のウォームアップ走行でいいフィーリングが得られたので、いいレースができるかと思ったのですが、まだまだレベルを上げていかないと勝つことはできませんね。今回のデータを生かして鈴鹿8耐、後半戦に臨みたいと思います。

浦本の4連勝は、うれしいですね。次戦以降も記録に挑戦していって欲しいと期待しています。

前半戦が終わり鈴鹿8耐モードに入ります。今年も皆さんの期待に応えられるよう全力で臨みます。引き続き応援よろしくお願いいたします。

浦本修充ライダーコメント

160628_39

ダンロップタイヤの特性を生かしてスタートから前に行きたかったのですが、オープニングラップにかわされてしまい抜けないまま周回を重ねていました。その中で勝負ポイントを探り、仕掛けるところを決めていたのですが、まさかの展開になりました。

4連勝は、これ以上ない結果ですし素直にうれしいですが、運もありましたし、何より支えてくださるチーム、スポンサー、応援してくれる皆さんのおかげです。後半戦も1戦1戦勝てるように全力で臨みます。

また鈴鹿8耐にも出させていただけるので1000ccに乗るための身体作りにも励みます。

斉藤雅彦 JSB1000監督コメント

160628_40

事前テストから天候がよくなくタイヤテストが思うように進まず、レースウイークに入ってチョイスしたタイヤの温度レンジが合わずにいたのですが、決勝日朝のウォームアップはセッティング変更も良好で、いい手応えもありました。

しかし決勝では思った温度レンジにならず、耐えのレースになってしまいました。その中でもピット作業は想定内のタイムでしたし、今回で前半戦が終わったので、鈴鹿8耐に向けて集中します。

武田雄一 J-GP2監督コメント

160628_41

事前テスト、レースウイークと天気が不安定だったので、マシン的な冒険はできませんでしたし、決勝日は気温が上がったので不安はありました。実際、厳しいレース展開になっていましたが、これ以上ない結果を残してくれました。

毎回ミスなくマシンを仕上げてくれているメカニック、応援してくださるスポンサーの皆さん、無理難題に対応してくれるダンロップさんのおかげでシーズン前半戦を最高の形で締めくくれました。本当にありがとうございました。


※使用画像はTeam KAGAYAMA Facebookページより

情報提供元 [ Team KAGAYAMA ]

【Webikeショッピング】
Team KAGAYAMA OFFICIAL GOODS

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今年の819(バイク)の日は土曜日!【8月19日】に「WebikeCAFE Meeting」…
  2. アライは、高品質を追求したスタイリッシュでモダンクラッシックなオープンフェイスヘルメット、C…
  3. アメリカンなバイカーアパレルを扱うモトブルーズは、「US Route66 アンティーク エン…
  4. バイク用品店Webikeで、フルパワー化 、スピードリミッター(180km/hリミッター)を…
ページ上部へ戻る