[56DESIGN SPORT] MFJ CUP Rd.3 JP250 ムクラダ選手が好走するも、6位走行中に惜しくも転倒

160628_01

56designは、今年から新たに始まった全日本ロードレース選手権に併催される「MFJ CUP JP250クラス」に、櫻井芽依選手と、MUKLADA SARAPUECH(ムクラダ サラプーチ)選手のペアで参戦中。

参戦チームのなかで唯一、2人の女性ライダーを起用しているが、6月25日に行われた菅生サーキット第3戦では、櫻井選手は怪我のため出走せず、ムクラダ選手のみが参戦した。

以下プレスリリースより

MFJ CUP JP250クラス
菅生サーキット 〔6月25日(土) 決勝 天気 曇り〕
エントリー47台、予選通過40台

#44 ムクラダ サラプーチ 22歳
国籍:Thailand
性別:Female
【予選:16位、決勝:総合27位、インターナショナル13位、レディス3位】

#56 櫻井芽依 18歳
国籍:日本
性別:Female
【練習中の怪我により、出走せず】

予選レポート

ウエットコンディションの予選では上位進出を狙っていたのですが、序盤にクラッチトラブルが発生してしまいピットイン。

応急処置を済ませてコースに復帰したもののリズムをつかめず16番手と、ムクラダ選手の実力にしては不本意な結果となってしまいました。

決勝レポート

決勝では抜群のスタートを見せたムクラダ選手、序盤から脅威の追い上げで怒涛の10台抜きを演じ、一時6位を走行していました。

160628_02160628_03
160628_04160628_05

その後、2気筒勢が上位を占める中CBR 300Rで最上位でのフィニッシュが見えていたのですが、最終ラップの最終コーナー立ち上がりで目の前のライダーが転倒し、それに巻き込まれる形で転倒してしまいました。

再スタートを切ったものの、ポイント圏外の27位でフィニッシュとなりました。

160628_06

レース中のタイムは上位グループと遜色がなかっただけに予選でのトラブルが悔やまれる結果となりましたが、チームとしてはポジティブな内容もありましたので、次戦の茂木大会に向けて準備を進めたいと思います。

また、今回は怪我によりエントリーを見送った櫻井選手もサーキットに駆け付けて、ムクラダ選手へアドバイス、他のライダーの走りの観察など、次戦での復帰を目指し調整を行っています。

次回第4戦は、8月20日にツインリンクもてぎで開催されます。引き続きご声援のほど、よろしくお願い申し上げます。

▼2016 Rd3 SUGO MFJ CUP JP250 レースの模様

▼ムクラダ選手、最終コーナーの模様(56design公式Twitter)
https://twitter.com/56design/status/746591924136468481

情報提供元 [ 56RACING ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る