[HONDA]MXGP Rd.12 ガイザーがシーズン4度目のダブルウインを果たし、総合トップの座を固める

160627_73

MXGP レポート

モトクロス世界選手権第12戦は、イタリアのマントバで開催され、Team Honda Gariboldi Racingのティム・ガイザーが2レースとも制して総合優勝。Team HRCのゴーティエ・ポーリンが総合2位に入賞し、Honda勢が1-2フィニッシュを果たしました。

レース1は、CRF450RWを駆るガイザーがホールショットを取り、後続を抑えきって今季12勝目となるヒート優勝。レース2ではアントニオ・カイローリと激しいトップ争いの末に終盤でトップを奪って逃げ切り、今季7度目の総合優勝をつかみ取りました。

ポーリンは、土曜日の予選レースの成績を受けて、チームと夜遅くまでCRF450RWの調整にあたった結果、決勝で3位/2位に入賞。特にレース2における2位はファイナルラップでの逆転によってつかんだ成果で、これにより総合2位での表彰台登壇を果たしました。

チームメートのイブジェニー・バブリシェフは、予選でトップ通過を果たしたあと、決勝では2レースとも追い上げを強いられました。タイトでトリッキーな右コーナーで進路をふさがれたバブリシェフは、レース1ではスタート10番手ながら、すぐにリズムをつかんでファステストラップを連発。一時は5番手まで浮上し、7位でレースを終えました。レース2もほぼ同様の展開となり、スタート12番手から6位までばん回した結果、今大会の総合7位となりました。

これにてシリーズはサマーブレイクに突入し、次戦は7月24日(日)決勝のチェコGPとなります。ライダーたちはトレーニングを継続して行い、再開後の勝利を目指しています。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る