[BRIDGESTONE]JRR Rd.5 J-GP3 ランキングリーダーの栗原圭祐が今季2勝目 ブリヂストンユーザーが表彰台独占

160627_56

第4戦オートポリスがキャンセルになったため、第5戦SUGOで3レース目を迎えたJ-GP3クラスは不安定な天候で始まった。金曜日の合同走行も小雨が降ったり止んだりの微妙なコンディション。土曜日は雨こそ上がっていたもののところどころが濡れたままで、ウェット宣言下での予選となった。

35分間のタイムアタック。金曜日の合同走行でトップタイムを争った栗原佳祐(ブリヂストン)と徳留真紀(ブリヂストン)が予選でもトップ争いを展開。そこに伊達悠太(DL)も参戦。最後の最後までアタック合戦が続き、唯一となる1分36秒台をマークした栗原がポールポジションを獲得した。伊達が2番手グリッド、徳留が3番手フロントロウ。

「事前テストではタイムを出せなかったけれど、ウィーに入って改善。ハーフウェットが不得意だから予選は最初からドライタイヤで走りました。ずっとユーズドタイヤで走り続けたのでタイム更新はできませんでしたが、決勝に向けては手応えがあるし、モチベーションも高まりました」と栗原は語る。

→全文を読む

情報提供元 [ BRIDGESTONE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. SCプロジェクトから、ヤマハ「YZF-R6 (‘17~19)」用スリップオンマフラーが登場し…
  2. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
  3. 2019年シーズンから始まるモトE選手権(モトGPと併催される電動バイクのレース)に車両を供…
  4. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
ページ上部へ戻る