[YAMAHA]MXGP Rd.12 ファン・フォルベークがイタリアGPでトップ5フィニッシュ

160627_53

■大会名称:2016年第12戦イタリアGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2016年6月26日
■開催地:モントーバ(コース長:1,640m)
■天候:晴れ/曇り 気温37℃

ファン・フォルベークがイタリアGPでトップ5フィニッシュ

第12戦イタリアGPは夏の蒸し暑さの中で、集中力が要求される非常にタフなモントーバのコースで行われた。そこでMonster Energy Yamaha Factory Racing Official MXGP Teamのジェレミー・ファン・フォルベークはトップ5フィニッシュを果たした。Kemea Yamaha Official MX Teamのバレンティン・ギヨーはルーキーシーズンながら再びトップ10フィニッシュで、3週間のブレークを前に、貴重なポイントを獲得した。

手首の負傷から回復したファン・フォルベークは、第1ヒート、YZ450FMを駆ってすばらしいスタートを切る。その後も、酷暑のモントーバで、多くのわだちと多様なラインを巧みに走行。トップレベルのラップタイムを刻みながらG・コルデンホフ(KTM)、E・ボブリシェブ(ホンダ)とバトルを展開し、5位でフィニッシュとなった。

第2ヒート、37℃の気温と60%の湿度という厳しい気候に加えて、MXGP第2ヒートまでに行われた各クラスのレースによってさらに悪化したコンディションは、ライダーたちの体力、集中力を奪い続ける。そんな中で、ファン・フォルベークはスタートで遅れながら、7位でフィニッシュし、総合では5位を獲得した。

ギヨーは、両ヒートを着実に走行し、それぞれ9位と8位でフィニッシュ。MXGPルーキーのギヨーは、ここまで健闘し、第12戦を終えて、2016年のランキングで、依然トップ10圏内に残っている。

ワイルドカード参戦のチャド・リードは第1ヒートで発生したテクニカルトラブルによりリタイア。この日のレースを残念な形で終えてしまったが、数千人のファンを前に、AMAスーパークロスのスーパースターらしくサインや撮影に応じるなど交流を楽しんだ。

残り6戦となった2016シーズン、ファン・フォルベークはランキング6位につけており、ボブリシェブを46ポイント差で追っている。ギヨーはファン・フォルベークと79ポイント差の7位。マッテレイ・バジンで激しいクラッシュを喫し、第12戦を欠場したロマン・フェーブルは、ランキング2位のA・カイローリ(KTM)に32ポイントの差の3位となっているが、これを挽回すべく、7月末の第13戦チェコGPで復帰を予定している。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  2. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  3. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  4. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
ページ上部へ戻る