[MFJ]JRR Rd.5 J-GP3 栗原佳祐がポールtoウィンで今季2勝目を挙げる

160627_30

第5戦スポーツランドSUGO J-GP3決勝レース

夜半に降った雨も上がり、雲が広がるものの晴れ間も覗くスポーツランドSUGO。最初の決勝レースJ-GP3クラスはポールポジションの栗原佳祐と予選3番手の徳留真紀の好スタートで始まった。ホールショットを奪ったのは徳留、続いて栗原、そして古市右京がトップ3でレースが展開していく。この3台が序盤から4位以降を引き離す展開。4位争いは伊達悠太、菊池寛幸、岡崎静夏、関野海斗、太田虎之進、佐藤励、宇井陽一の7台が集団でバトル。

レース中盤以降は栗原と徳留のマッチレースとなり、古市が遅れると後方集団に飲み込まれ、3位集団に変わって激しいバトルが続く。トップ争いはレース最終盤に徳留が栗原にしきりに仕掛ける。抜きどころを探っているようだ。そして最終ラップに突入、2コーナーから3コーナーにかけて3位争いの最後尾にいた2台が転倒、赤旗が提示されて、19周終わりの順位でレースは成立、優勝は栗原、2位徳留、3位には菊池が入った。

2016 SUPERBIKE ROUND 5 : SUGO J-GP3 Race Winner Interview

2016 SUPERBIKE ROUND 5 : SUGO J-GP3 Race 2nd Place Interview

2016 SUPERBIKE ROUND 5 : SUGO J-GP3 Race 3rd Place Interview

→全文を読む

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る