[MFJ]JRR Rd.5 J-GP2 Team KAGAYAMAの浦本修充が開幕4連勝!

160627_29

第5戦スポーツランドSUGO J-GP2決勝レース

J-GP2クラスの決勝レースは、まずは浦本修充がリードして始まった。直後に生形秀之、関口太郎、井筒仁康、日浦大治朗らが続くが、オープニングラップは生形がトップで戻る。レース序盤はまだまだ集団が出来る気配はなかったが、中盤に入ると日浦が関口の前に出て井筒までの5台によるトップ集団が形成される。6位争いは岩崎哲朗、上和田拓海、石塚健、水野涼らで争われていく。

14周目に井筒が転倒し戦線を離脱、15周目にはトップをキープする生形に対して「ストップ&ゴー」ペナルティが表示される。トップの集団は見かけ上は生形、浦本、日浦をかわした関口で展開されていく。終盤、日浦が遅れ、トップ争いは実質浦本と関口の2台でのマッチレースとなる。最終ラップを前に生形がピットインし、最終ラップは浦本が関口のプッシュを抑え切って開幕4連勝を飾った。2位関口、3位は日浦。生形はペナルティをこなして14位でフィニッシュしている(その後黒旗無視で失格となった)。

2016 SUPERBIKE ROUND 5 : SUGO J-GP2 Race Winner Interview

2016 SUPERBIKE ROUND 5 : SUGO J-GP2 Race 2nd Place Interview

2016 SUPERBIKE ROUND 5 : SUGO J-GP2 Race 3rd Place Interview

→全文を読む

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  2. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  3. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  4. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
ページ上部へ戻る