[HONDA]JRR Rd.5 JSB1000 高橋、山口、秋吉がトップ10に入り、決勝を終える

160627_22

■2016年6月26日(日)・決勝
■会場:スポーツランドSUGO
■天候:曇り
■気温:23.8℃
■観客:5700人

JSB1000 レポート

全日本ロードレース選手権第5戦SUGOスーパーバイク120マイル耐久レースが、宮城県のスポーツランドSUGOで開催されました。

ル・マン式スタートで始まるこのレースは、52周の120マイルで争われ、1度のピットインが義務づけられています。参加ライダーは1人でも2人でも可能ですが、シリーズチャンピオンを狙うトップライダーたちは、そのほとんどが単独で走りきります。

鈴鹿8時間耐久レースの1スティントよりも長い距離を走りきるには、強じんな体力と精神力が必要となり、過酷な戦いが予想されていました。梅雨の時期に開催するため、金曜日の走行は午前はウエット、午後はドライの走行で、予選の土曜日も午前は前夜の雨が残り、ウエットからドライへと変化する難しいコンディションとなりました。

金曜日に行われたフリー走行2回目では、開始早々に高橋裕紀(MORIWAKI RACING)が3コーナーで転倒し、急きょ三重県津市の病院に向かいました。診断の結果、両肩脱きゅう、左足かかとの粉砕骨折で、全治3カ月のケガとなり、レース参戦を断念しました。また、渡辺一馬(F.C.C. TSR Teluru)は鈴鹿8時間耐久レースに専念するために欠場しています。

JSB1000のポールポジション(PP)は中須賀克行(ヤマハ)、6番手は山口辰也(TOHO Racing)、7番手が高橋巧(MuSASHi RT ハルク・プロ)、11番手は秋吉耕佑(au & テルル ・ Kohara RT)という順番でスタートを切りました。

中須賀が首位を独走する展開で、それを渡辺一樹(カワサキ)と、3番手に浮上した柳川明(カワサキ)が追いかけます。山口が6番手を単独走行し、秋吉と高橋巧が7番手争いを繰り広げながら周回を重ねました。中盤過ぎになると、続々と各ライダーがピットイン。MuSASHi RT ハルク・プロは約12秒のピット作業で、トップチームの中では最速でコースへとライダーを送り出します。

レースは結局、大きく順位が変わることなく、優勝は中須賀となりました。以下、2位は渡辺一樹、3位は津田となり、表彰台に上がりました。高橋巧は6位、山口は7位、秋吉は9位でチェッカーを受けました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  2. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  3. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
  4. 20170206_eu05
    【Webikeニュース編集部】 平成28年規制で欧州規制EURO4とほぼ同等に 2016…
ページ上部へ戻る