[SUZUKI]JRR Rd.5 JSB1000 津田拓也、チームのバックアップを受け3位表彰台獲得

160627_21

■2016年6月26日
■全日本ロードレース選手権 第5戦 SUGOスーパーバイク120マイル耐久レース
■場所:宮城県・スポーツランドSUGO

当初予定されていた第4戦オートポリス大会は地震の影響からキャンセル。第3戦ツインリンクもてぎ大会から約1ヶ月のインターバルを挟み、第5戦が6月25日・26日と宮城県スポーツランドSUGOで行われた。スズキ勢からは、ヨシムラスズキシェルアドバンスの津田拓也、Team KAGAYAMAの加賀山就臣のレギュラー陣に加え、JSB1000クラスは今回、120マイル(52周)というセミ耐久であることから、MotoMap SUPPLYが今野由寛とジョシュ・ウォーターズの二人での参戦となった。

梅雨のまっただ中でのレースであることから毎年雨にたたられるこのレース。実際にレースの1週間前に行われた事前テストでは雨が降り、それが乾いていく微妙なコンディションの中での走行となった。このため、各チームともにドライに対して十分なセットアップは出来ずに終わり、レースウイークは天気予報をにらみながらスケジュールをこなすことになった。

金曜日のART合同テストが霧雨からスタート。そこから路面がどんどん乾いていく午前中のコンディションとなったが、それ以降は基本的にドライとなり、天候に振り回されずに済むレースウイークとなった。事前テスト二日目でトップタイムを出し、好調さをアピールした津田はマシンのセットアップに集中し、1回目が1’29.896で6番手、2回目1’28.819で5番手となった。マシンの仕様をテストから大きく変更してきた加賀山は1回目13番手、2回目11番手と苦戦。SUGO初走行となるジョシュを少しでも多く走らせてコースに順応させたいMotoMap SUPPLYはほとんどの時間、ジョシュに充て、1回目12番手、2回目14番手となった。

土曜日の予選は1時間の枠が設けられて行われた。津田はマシンのセットアップ、タイヤチョイスなどの作業を行いながら着実にタイムアップ。33周をこなし、その14周目に出した1’27.519のタイムでフロントロー3番手となった。加賀山は前日の仕様からマシンをテスト時のものに変更。タイムを上げ、1’28.594で8番手に付けた。今野/ジョシュ組は1’29.358で13番手となった。

決勝日は朝から綺麗に晴れ上がり、気温も上昇。強い日差しの元で行われた。朝のウォームアップ走行では加賀山が3番手に付け、決勝でのジャンプアップが期待された。津田は5番手、今野/ジョシュ組は14番手でこのセッションを終えた。

いよいよ決勝がスタート。ル・マン式スタートでうまく飛び出したのは津田だった。ホールショットを奪うと、そのままレースを引っ張る。オープニングラップをそのまま制した津田だったが、2周目に2番手に落ちてしまう。上位陣が1’28秒台から27秒台へタイムを上げていくのに対し、1’28秒台から上げられない。このため、10周目まで3番手に踏みとどまっていたが、11周目4番手、12周目5番手となってしまう。

また加賀山も得意のスタートダッシュを見せ、3番手で1コーナーに飛び込んだが、津田同様うまくペースを上げられず、1周目4番手、3周目7番手となってしまう。スタートライダーを務めた今野は26周目にピットイン。ジョシュに交代し、コースに戻る。加賀山も26周目にピットインし、タイヤ交換、ガス補給をこなす。津田は28周目にピットイン。今回もヨシムラチームは抜群のピットワークを見せ、圧倒的速さで津田をコースに送り出す。

このバックアップを受けた津田は、終盤になっても1’28秒台でラップ。着実にポジションをアップしていき、34周目に3番手に上がると、そのままのポジションをキープし、チェッカーとなった。加賀山もコンスタントにタイムを刻み、8位でゴール。今野/ジョシュ組は12位となった。

またJ-GP2クラスでは、GSX-R MFD6に乗る生形秀之が前回のレースに続いてポールポジションを獲得。決勝もその勢いのままトップを快走したが、スタート前の作業違反でペナルティをレース終盤に出され、結果的にブラックフラッグが出されてしまい失格。トップに出るチャンスを生形の背後でねらっていたGSX-prot71を駆る浦本修充がトップチェッカーとなり、開幕からの連勝を4に延ばした。

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る