[SUZUKI]MotoGP Rd.8 決勝 チームスズキエクスター、雨に翻弄され、ビニャーレスが我慢の9位

160627_12

■2016年6月26日
■MotoGP 第8戦 オランダGP 決勝
■場所:オランダ TTアッセンサーキット

チームスズキエクスター、雨に翻弄され、ビニャーレスが我慢の9位

大雨により途中赤旗中断となり、2セッションで行われたTTアッセンGPは、チームスズキエクスターライダーに苦戦を強い、マーベリック・ビニャーレスは我慢の9位、チームメイトのアレイシ・エスパルガロは、2ヒート目の序盤に転倒を喫し、無念のリタイヤとなった。26周で行われる予定だった決勝は、レース中盤の激しい雨により、14周目に一旦赤旗中断となって、各ライダーがピットイン。その後天候が回復に向かったため、クイックスタート進行で、残り12周を走行し、チャンピオンシップポイントはフルポイントが加算されることとなった。

ビニャーレスは、ウェットコンディションでのマシンの挙動に安定感を得られず、両セッション共思うようにラップタイムを上げられないまま、我慢の走りを強いられることとなるも、9位入賞で、貴重なチャンピオンシップポイントを獲得。

一方チームメイトのエスパルガロは、最初のセッションのスタートでアグレッシブにジャンプアップし、オープニングラップは3番手で通過。しかしその後、周回を重ねる毎にペースダウンし、ポジションを落としていく。赤旗中断後にチームが変更したセッティングにより、ペースアップを見込まれた2セッション目のスタートでは、スタート直後に他車からはじき出される形となり、オーバーラン。その後コースに復帰し、順調に追い上げるも、ウェットな路面で痛恨のスリップダウンを喫し、リタイヤ。どちらのライダーも、典型的なダッチウェザーに翻弄された週末となった。

【フォトギャラリー】
【SUZUKI】MotoGP Rd.8 雨に翻弄され、ビニャーレスが我慢の9位 アレイシは転倒リタイア

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る