[YAMAHA]MotoGP Rd.8 フリー走行 ロッシが総合2番手で初日から好調、ロレンソは5番手!

160627_09

■大会名称:MotoGP第8戦オランダGP
■開催日:2016年6月24日(金)フリー走行総合結果
■開催地:アッセン/オランダ
■コースコンディション:ドライ
■気温:23度
■路面温度:34度

ロッシが総合2番手で初日から好調、ロレンソは5番手!

曇り空の下で行われたフリープラクティス。Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシとJ・ロレンソは、天候のかわりやすいアッセンの貴重なドライコンディションを十分に活用して序盤から果敢に攻め、それぞれ総合2位と総合5位を獲得した。

スピードの「大聖堂」とも呼ばれるここアッセンで、ロッシは最初の走行から素早くリズムをつかんで3番手へ浮上。今回持ち込んだ2台のフレームを比較しながらマシン・バランスの向上を目指した。1本目のセッションは、1分34秒758のベストラップで7番手。

雲の間からわずかに太陽の光が差し込むようになった午後。ロッシは第2セッションで大躍進、終始、マシンをプッシュし続けると、順調にタイムを更新。セッション終盤に1分33秒595を記録して、トップにわずか0.004秒差に迫る2番手を獲得した。

チームメイトのロレンソも第1セッション序盤から果敢にアタック。最初の10分で2番手に上がり、好調なリズムをキープして順調に周回を重ねていった。中盤以降は、2台のフレームのベースセッティング向上を目指しながら1分34秒722を記録。6番手でセッションを終えた。第2セッションではさらに前進を見せてペースをアップ。セッティングを続けながら終盤で1分34秒台の壁を破り、1分33秒991を記録してトップから0.4秒差の5番手で初日を終えた。

Monster Yamaha Tech 3のエスパルガロは9番手

Monster Yamaha Tech 3のP・エスパルガロは、順調にペースをつかみ、好調のうちにフリープラクティス初日を終了した。エスパルガロは、序盤からマシンセッティングをアッセンサーキットに合わせると、力強い走りを見せ、第1セッションでは3番手を獲得した。トップにわずか0.074秒差と迫り大いに自信を深めたエスパルガロは、午後からの第2セッションでもプッシュを続け、最後の2周でベストタイムを記録。トップにコンマ5秒差の9番手で初日を終えた。

チームメイトのB・スミスも初日から順調にタイムアップ。決勝での好成績獲得に照準を合わせ、第1セッションがスタートするやコースに飛び出し、周回を重ね、エスパルガロに0.269秒差の9番手につけた。第2セッションもスミスは、休むことなくセッティングを続け、さらにミシュランタイヤについてもデータ収集を行うなど順調に前進。最終的にはトータル21ラップを走り、ラスト2ラップでベストタイムを記録して14番手となった。明日以降は、さらなるステップアップを狙う。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る