[HONDA]MotoGP Rd.8 フリー走行 マルケスが3番手。ペドロサは11番手スタート

160627_04

■2016年6月24日(金)・1日目フリー走行
■会場:TTサーキット・アッセン
■天候:雨のち曇りのち晴れ
■気温:23℃
■コースコンディション:ドライ

MotoGP レポート

第8戦オランダGPのフリー走行は、午前は雲が多かったものの、午後は青空が広がる絶好のコンディションとなりました。

ヨーロッパラウンドに入って、まだ優勝のないマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、前戦カタルニアGP後の公式テストで、ニューシャシーのテストを行いました。今大会は、それをモデファイした車体でセッションに挑み、順調にラップを刻みました。

午前はセットアップに時間を費やして11番手でしたが、午後のセッションでは一気にタイムを短縮。終始トップタイムをキープしていましたが、最終的に3番手で一日を終えました。

トップタイムをマークしたのはアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)。以下、1秒差以内に14台がひしめく大混戦となり、マルケスはその中で、1分33秒台のハイペースでラップを刻んで3番手。十分に優勝を狙える内容だけに、今季3勝目に向けて好調なスタートを切ったと言えます。

チームメートのダニ・ペドロサは、午前のセッションでは13番手、午後のセッションでは大接戦の中で11番手へとポジションを上げました。今季最もタイムが接近した初日のセッション。セットアップに集中したペドロサは、2日目のフリー走行ではQ2進出のためにトップ10入りを目指し、予選ではタイムの短縮とポジションアップを狙います。

前戦カタルニアGPで6位。今季ベストリザルトとなったカル・クラッチロー(LCR Honda)は、1回目のセッションで12番手、2回目のセッションでは転倒を喫して、最終的に13番手。2日目のフリー走行では、ペドロサと同様にQ2進出に挑みます。

前戦カタルニアGPにおいて、ベストリザルトの10位でフィニッシュしたジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は16番手、チームメートのティト・ラバトは21番手。ともに、2日目でのタイムの短縮とポジションアップが期待されます。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る