[HONDA]Moto2 Rd.8 決勝 中上貴晶が歓喜の初優勝を果たす

160627_05

■2016年6月26日(日)・決勝
■会場:TTサーキット・アッセン
■天候:曇りのち雨
■気温:MotoGP/15℃、Moto2/20℃、Moto3/18℃
■コースコンディション:ドライのちウエット
■観客:10万5000人(3日間:16万500人)

Moto2 レポート

Moto2クラスは、予選6番手からトップグループに加わり、10周目でトップに浮上した中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)が、後続をジリジリ引き離す好走で、キャリア初優勝を果たしました。

第6戦イタリアGPで今季初のフロントロー獲得となる2番手。第7戦カタルニアGPでは今季初表彰台となる3位に入り、上り調子で今大会を迎えていました。そんな中上は、FP1でトップタイムをマーク。セッション中に雨が降る不安定なコンディションとなった予選では6番手でしたが、レースではフリー走行のすばらしい走りを再現。

終盤に雨が降ったことで、24周のレースは21周で赤旗中断となりましたが、ライバルを圧倒するすばらしい走りを披露しました。

2位はディフェンディングチャンピオンのヨハン・ザルコ(Ajo Motorsport)で、序盤は7番手までポジションを落としますが、後半にすばらしい追い上げを披露し、2位でフィニッシュしました。3位は予選4番手から中盤にトップに立ったフランコ・モルビデリ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)で、今季初めて表彰台を獲得しました。

以下、サム・ロース(Federal Oil Gresini Moto2)、ロレンソ・バルダッサーリ(Foward Team)、アレックス・リンス(Paginas Amarillas HP 40)、シモーネ・コルシ(Speed Up Racing)、アレックス・マルケス(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)、ドミニク・エガーター(CarXpert Interwetten)、ジョナス・フォルガー(Dynavolt Intact GP)と続きました。

今大会を終えて、今大会2位のザルコが、今大会6位のリンスと同ポイントで並び、総合首位に浮上。5点差でロースが総合3位という結果でした。初優勝を達成した中上は、総合7位から5位へとランクを上げました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る