[HONDA]MotoGP Rd.8 オランダGP プレビュー 伝統のオランダ大会でライバルを突き放し勝利を目指す

160624_101

2016年6月26日(日)・決勝
会場:TTサーキット・アッセン
全長:4.542km
決勝:[MotoGP]26Laps
   [Moto2]24Laps
   [Moto3]22Laps

第8戦オランダGPが、6月24日(金)~26日(日)の3日間、オランダ北東部に位置するTTサーキット・アッセンで開催されます。オランダGPは、グランプリで最も長い歴史と伝統を誇り、今年で68度目の開催を迎えます。グランプリの歴史において、第1回大会から同一サーキットで開催されてきたのはオランダGPのみ。伝統的に6月最終週の土曜日に決勝レースが行われてきましたが、68度目にして初めて、日曜日に開催されることになりました。

長い歴史を誇るアッセンのコースレイアウトは、数多の変遷をたどってきました。グランプリが開催された当初は、公道を使用する16.536kmのロングコースでしたが、その後はマシンやタイヤの進化に合わせ、何度もコースが改修されました。2006年には、コースの大幅な改修が実施され、長らく使用されてきた5.997kmのコースは4.555kmに短縮され、コーナーの数も23から18へと少なくなりました。

5.997kmの旧コースは、高速コーナーが連続するリズム感あふれるレイアウトで選手たちから愛されていました。そして、時代のニーズに合わせて近代的なものに生まれ変わった現在のコースは、フィリップアイランド(オーストラリアGP)、シルバーストーン(イギリスGP)、ムジェロ(イタリアGP)に匹敵する高速サーキットであり、選手たちから高い評価を得ています。また、パッシングポイントが多いことから、毎年、熱いバトルが繰り広げられます。

アッセンは天候が変わりやすく、ときに選手たちを悩ませます。目まぐるしく変化する天候は“ダッチウェザー”と呼ばれ、天候に合わせたセットアップがリザルトに大きく影響するため、チームと選手は集中力が求められます。

7戦を終えて総合首位のマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、第4戦スペインGPで3位、第5戦フランスGPでは転倒するも再スタートを切って13位、第6戦イタリアGPと、第7戦カタルニアGPで2位と、何度も表彰台に立ってきましたが、ヨーロッパラウンドに入って優勝からは遠ざかっています。それだけに今大会は、第3戦アメリカズGP以来となる今季3勝目に闘志を燃やしています。

マルケスはこれまで、アッセンで通算4勝を挙げています。125ccクラス時代の2010年に初優勝を達成。Moto2クラスでは、11年、12年と2年連続で優勝、MotoGPクラスでは、デビューした13年に2位、14年の大会ではフラッグ・トゥ・フラッグの難しいレースを制しました。昨年は最終ラップの最終シケインでバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)と接触して2位。惜しくも優勝を逃しましたが、今年は通算5勝目を目指します。

チームメートのダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、ホームグランプリとなる前戦カタルニアGPで3位に入り、今季2度目の表彰台に立ちました。前戦カタルニアGPで新しい車体が投入され、そのパフォーマンスをしっかりとリザルトにつなげました。

ペドロサは、アッセンでは125ccクラス時代に優勝経験がありますが、250ccクラスとMotoGPクラスではまだ勝利できていません。その理由の一つは不安定な天候にありますが、上り調子で迎える今大会は、MotoGPクラスでのアッセン初優勝と、2年ぶりの表彰台獲得に燃えています。

カル・クラッチロー(LCR Honda)は、前戦カタルニアGPで今季ベストの6位でフィニッシュしました。そして、大会後の公式テストでは、今季初のトップタイムをマークするなど、悪い流れに終止符を打ちました。ペドロサ同様、上り調子で迎える今大会は、シーズンベストリザルトが期待されます。

ルーキーで総合19位につけるティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、第6戦イタリアGPのフリー走行で左鎖骨を骨折して同大会を欠場しましたが、次の第7戦カタルニアGPで復帰し、14位でフィニッシュしました。今大会は鎖骨がほぼ完調とのことで、第2戦アルゼンチンGPでの9位を上回るリザルトを目指します。チームメートのジャック・ミラーは、前戦カタルニアGPで今季ベストの10位でフィニッシュ。今大会は初のシングルフィニッシュを目指します。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今年の819(バイク)の日は土曜日!【8月19日】に「WebikeCAFE Meeting」…
  2. アライは、高品質を追求したスタイリッシュでモダンクラッシックなオープンフェイスヘルメット、C…
  3. アメリカンなバイカーアパレルを扱うモトブルーズは、「US Route66 アンティーク エン…
  4. バイク用品店Webikeで、フルパワー化 、スピードリミッター(180km/hリミッター)を…
ページ上部へ戻る