【新車】カワサキイタリア、「マッハ」をイメージした、バルカンSのカスタムモデル「バルカン70」を限定発売

20160624_vul01_1

カワサキイタリアから、イタリアのカスタムビルダー「Mr.Martini」とコラボした「Vulcan(バルカン)70」をイタリア国内限定100台で販売することを発表した。
車体価格は日本円で130万円台となる。(10990ユーロ)

特徴はやはり、カワサキ・マッハのデザインを受け継ぐスタイリング!

特にヨーロッパ市場においてカワサキ・マッハシリーズは人気のモデルだ。
現代においてもカフェレーサースタイルのカスタムペースや、オリジナルを再現するカスタマイズなど、愛好家は多い。

日本においても人気のマッハは、PMCやドレミコレクションをはじめ、多くのスペシャルパーツビルダーによって多様なパーツが供給されており、中古市場においても高値で取引される状況が続いている。

>>Webikeバイク選び カワサキ 500SS マッハIII (H1)の中古車・新車の相場、物件情報

高速化の歴史を塗り替えた「マッハ」

20160624_vul02

今回発売される「バルカン70」は、マッハシリーズの中でも、「500SS(マッハIII)」をモチーフとしている。
マッハの誕生した1960年代から1970年代、カワサキは北米を中心としたマーケットで、最速の称号を得るべく高性能な車体の開発を行っていた。

1966年に2ストロークモデルのA1(サムライ)の開発、そして翌年に最速を取り戻すために開発されたA7(アベンジャー)とマーケットでは一定の成功をおさめた。
その中でさらに高性能なモデルとして誕生したのが3気筒の2ストロークエンジンを持つ「マッハシリーズ」だ。

「500SS(マッハIII)」は軽量な車体と強力なエンジンで、当時は乗り手を選ぶじゃじゃ馬なモデルとして、人気と羨望を集めたモデルだった。
今回のデザインモチーフとなったのは、1973年のごろのモデルと思われる。

限定100台というプレミアモデル

20160624_vul03

「バルカン70」という車名のとおり、1970年代の世界的なバイクブームとその時代の「レトロな世界観」を、デザイナーであるマティーニ氏は表現すべくデザインを提案している。

主な変更点は、限定モデルの証であるシリアルナンバーが振られた、オリジナルペイントのタンク、ハンドルとヘッドライト、シートとテールカウルとランプ、そしてサイドパネルとウインカー前後だ。
ステップは前方のフットレスト式だったものを改めて、ロードスポーツのポジションに変更しており、特徴的な2本出しのエキゾーストはZARD製に変更されている。

20160624_vul0520160624_vul0620160624_vul07

「メーカー+ビルダー」という新しいモデルの創造

受注生産で、限定100台。カワサキイタリアのディーラーのみでの販売ということで、国内でお目にかかることはなさそうではあるが、最近ではメーカーとカスタムビルダーのコラボに端を発した、ヤマハの「XSR900・XSR700」のように、最終的には正規モデルとして発売されるということも起き始めている。
これからこういった「メーカー+ビルダー」という新たなモデル作りが進んでいくかもしれない。

ぜひこういった意欲的なモデルを国内でも販売してほしい。

20160624_vul04

情報提供元 [ Kawasaki Motors Europe N.V. ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る