[YOSHIMURA]鈴鹿8耐の参戦体制を正式発表 芳賀紀行を起用へ

160622_119

全日本JSB1000クラスで活躍中のヨシムラスズキシェルアドバンスレーシングチームは、6月22日(水)に鈴鹿8耐の参戦体制を発表。先だって発表されていた津田拓也、ジョシュ・ブルックスに加え、芳賀紀行を起用することを明らかにした。

オリジナルグッズ付きのヨシムラ観戦席は、2016年5月8日より限定販売されている。

【関連ニュース】
◆ヨシムラ、「鈴鹿8時間耐久ロードレース 第39回大会のチームヨシムラ観戦席」を5/8より限定販売

吉村 不二雄 社長

鈴鹿8耐の季節がやって来ました。今年で39回となる歴史の中、唯一連続して出場しているチームはヨシムラだけとなっております。

第1回大会から勝つためだけにがむしゃらにレースをしていましたが、赤いビキニカウルとUPハンドルの普通のバイク・ヨシムラスズキGS1000がホンダワークスマシンのRCBを負かした事実が世の中にどれ程の衝撃を与えたかをしばらくの間、私は知りませんでした!

ただひたすらこのレースに勝ちたいだけの思いだけでした。これは、故POP吉村もライダー達もメカ達も全く同じでした。とにかくワークスマシンRCBより速く走ってくれれば良いとの思いで戦い抜いたのです。ですから完走して優勝できたのはまさしく奇跡としか思えなかった事を未だはっきりと覚えています。

その後、国内では爆発的なバイクレースブームが起こり、特に鈴鹿8耐は大手企業のスポンサーも付き一気に国内でも有数のイベントになりました。39年間様々な時代を経て今年も真夏の祭典を迎える事が出来るのは、平素からの皆さまの熱い応援があったからに他ありません。

今大会は、ヨシムラから8耐4回目の参戦となる津田拓也と海外から2人の実力派ライダー、2015年BSBチャンピオンのジョシュ・ブルックスとニトロ・ノリこと芳賀紀行を起用しチームを組みます。この3人のライダーが大いにレースを盛り上げてくれる事でしょう!皆さん、大きな声援を宜しくお願い申し上げます!

 

加藤 陽平 監督

ヨシムラスズキシェルアドバンスレーシングチームは、チームの中心である津田拓也選手に加え、2013年にヨシムラからの鈴鹿8耐に参戦で2位表彰台を獲得し、2015年圧倒的な速さでイギリス選手権のチャンピオンを獲得したジョシュ・ブルックス選手、更には1996年の鈴鹿8耐覇者であり、そのハードなライディングで世界中のファンを魅了してきた芳賀紀行選手を迎える事になりました。

この強力なライダー3人と共に、鈴鹿8時間耐久レース5度目の優勝を目指して参戦致します。打倒ワークスを掲げ戦ってきた我々ですが、近年は強力なファクトリーチームが参戦し、レースが過去にないレベルに押し上げられている事を実感しております。我々ヨシムラもスズキワークスの代理戦争をする覚悟でファクトリーチームを打ち破るために挑んで参りたいと思います。

深化を続けるスズキGSX-R1000にヨシムラチューンを加え、熱いファンの皆様のご声援を武器に、ホンダ、ヤマハ、カワサキのライバル勢を倒し、8時間後にトップでチェッカーを受けられる様にチャレンジしていきます。第39回 鈴鹿8耐のヨシムラスズキシェルアドバンスレーシングチームの戦いに大いに期待してください!応援宜しくお願い致します。

 

参戦ライダー

160622_120

【関連ニュース】
◆ヨシムラ、「鈴鹿8時間耐久ロードレース 第39回大会のチームヨシムラ観戦席」を5/8より限定販売
◆【新製品】ヨシムラ、「2016ヨシムラ公式 鈴鹿8耐グッズ」を発売
◆ヨシムラ、「第50回 ツーリングブレイクタイム 鈴鹿8耐直前スペシャル!」を7/2に開催

→全文を読む

情報提供元 [ YOSHIMURA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  2. 日本自動車工業会(以下自工会)は、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)に、東京臨海副都…
  3. スズキは、10月2日よりドイツ・ケルンで開催される「インターモト2018」に向け、「“斬”F…
  4. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
ページ上部へ戻る