NEXCO、海老名ジャンクション 圏央道内回り東名方面の渋滞緩和対策に着手

160621_157

NEXCOは、海老名ジャンクション(JCT)の圏央道八王子方面から東名高速道路方面に向かうランプ付近で発生する渋滞の緩和を目指し、ランプ部及び分流部の交通運用を暫定的に変更する対策に着手することを発表した。

東名方面へ接続するランプを分岐部の先から2車線で運用し、上り坂でのスムーズな交通の流れを確保することで、上り坂を先頭とする渋滞の緩和が期待されており、茅ヶ崎方面へ向かう圏央道本線を1車線に変更することで、分流部における安全性の確保も期待されている。

運用開始は7月中旬までに実施予定。

海老名ジャンクション 圏央道内回り東名方面の渋滞緩和対策

本区間(内回り東名方面ランプ)は1日に約2万5千台の交通量があり、主に平日朝夕(特に午前中)の時間帯にランプ付近を先頭とした渋滞が慢性的に発生しています。

この渋滞対策として、現況の道路幅は変更せず、車線幅や路肩幅を変更することで、現在1車線となっているランプ部を暫定的に2車線で運用いたします。

更に、ランプ交通の円滑な合流と安全確保を目的に、圏央道本線(内回り)は分岐部付近のみ1車線とします。本対策は、東名高速と並行する新東名高速道路が全線開通するまでの渋滞対策として実施するものです。

また、東名高速道路大和トンネル付近の渋滞対策については、今年度からトンネルの拡幅工事に着手し、東京オリンピック・パラリンピックまでの完成を目指します。

安全対策

分流部からの速度抑制対策(速度超過対策)としてゼブラカラー舗装、全面カラー舗装及び導流レーンマークを実施します。
※ランプ部(暫定2車線区間)の規制速度は40km/hとなりますのでご注意願います。

160621_158-001

160621_158-002

運用開始時期

◇運用開始時期については、7月中旬までに実施することを目指します。
(ただし天候及び作業進捗により運用開始時期を変更する場合があります)
※工事時期等詳細については別途NEXCO中日本公式WEBサイトなどでお知らせいたします。

お願い

※ランプを暫定2車線運用する直線区間の車線及び路肩の幅が通常(外回りと同様)より狭くなりますので、安全運転に心掛けていただきますようにお願いします。
※ランプを走行される際は、規制速度の遵守をお願いします。圏央道から東名方面に分岐する際には、十分に速度を落として走行してください。
※圏央道本線八王子方面から茅ヶ崎方面へ向かうお客さまは、車線減少区間(東名との分岐付近より)がありますので、事前に車線変更(右車線へ)が必要となりますので、周りの車に十分注意してください。
※工事期間中は、渋滞が予想されますので、お出かけの際は交通情報をご確認ください。高速道路をご利用のお客さまおよび沿道のみなさまには大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力
をお願いします。

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO 中日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る