KTM、「オレンジフェスティバル 2016 オフロード」を8/20~8/21に糸魚川シーサイドバレースキー場で開催

160620_127

オートバイの遊園地を目指し、すべてのオートバイファンがたのしめるイベントとしてKTM Japanが毎年開催している「オレンジフェスティバル」。今年も昨年同様に、オフロードとストリート(オンロード)に分け2回の開催が予定されている。

ストリート版夏祭りは梅雨明けが期待される7月17日の筑波サーキット。続くオフロード版は、お盆明けの8月20~21日の2日間、新潟県・糸魚川シーサイドバレースキー場で開催される。

オフロード版も基本はKTMの夏祭り。地元糸魚川市のバンドによる競演や、BBQを中心としたナイトパーティーをベースに盛り上げつつ、イベントでしか走ることができないゲレンデをツアーガイドとともに思いっきり楽しむことができるイベントだ。

オレンジフェスティバル 2016 オフロードは8月20~21の2日間、糸魚川シーサイドバレースキー場で開催!

1003333

糸魚川のポイントは、レースではない条件でこの素晴らしい景観をじっくりと味わえるのがこのオレンジフェスティバルの機会しかないというところ。

非日常を満喫しながら、ゆっくりツアーでトレッキングを楽しむもよし、スクールツアーで大汗をかくのもよし。今年は山頂にKTMテントを用意し、シーサイドバレーの源流でとれた甘みのある天然の豊かな湧水で沸かしたコーヒーなどを味わっていただくコーナーも用意する。

ダイナミックな景観と澄み切った青空はそれだけで特別感を満喫いただけるものながら、さらに新しいコースも開拓され、昨年参加したお客さまも飽きることなく走り回っていただけること請け合いだ。また、今年は8月初旬にデビューを飾る2017年モデル・オフロードシリーズに最初にお乗りいただくことができるのもこのオレンジフェスティバル。

もちろんKTMが力を入れるアドベンチャーシリーズも用意され、多くのビッグオフ・オーナーも存分にお楽しみいただけるロケーションとコンテンツが提供される。KTMオレンジフェスティバル・オフロードの詳細は順次、KTM JapanのウェブサイトやSNSなどで告知されていく。

【KTM Orange Festival Off Road 2016】
日時: 2016年8月20-21日(土-日)
場所: 糸魚川シーサイドバレースキー場 新潟県糸魚川市山口 151-1
主催: KTM Japan 株式会社
参加費:KTM/Husqvarnaでの参加者は5,400円
    他ブランドでのご参加は10,800円

※費用にはナイトパーティー参加費、保険料、駐車場代、洗車機使用料などが含まれます。

【コンテンツ】
(参加費は各 1,000 円/回)

>>『ガイドツアー』
シーサイドバレーの魅力を余すところなく伝えるガイド付きツアー。お客様のレベルに合わせ、スロースピードでも十分にお楽しみいただけるようアレンジ。コース途中には休憩スポットも用意してオフ遊びを堪能していただけます。

>>『スクールツアー』
KTMライダーがそれぞれの得意分野を生かしつつツアー参加者にワンステップ上を目指していただけるような、コーチング付ツアー。長めの時間を確保して、セクションをじっくり走りこみ、腕を磨きたいライダーにピッタリです。

>>『ナイトパーティ』
地元糸魚川のバンドミュージックを背景に、盛りだくさんのBBQや地酒に舌鼓を売っていただけるパーティーです。

>>『2017モデル試乗会』
デビューしたてほやほやの2017年モデルオフロードが勢揃い。フルモデルチェンジしたエンデューロシリーズ、新しいクロスカントリーモデルに熟成のモトクロッサー。すべてのニューモデルが味わえるのはオレンジフェスティバルだけ!

>>その他
地元の「塩の道温泉」で汗を流していただいたり、多くの出店企業ブースめぐりを堪能いただいたりと盛りだくさん。

1003334

1003335

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  2. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
  3. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
  4. ※イメージ画像 国土交通省・経済産業省は、国立研究開発法人産業技術総合研究所に委託して開発した…
ページ上部へ戻る