[HONDA]MXGP Rd.11 ガイザーがダブルウインを達成、ポーリンがレース2で3位表彰台

160621_126

Team Honda Gariboldi Racingのティム・ガイザーとTeam HRCのゴーティエ・ポーリンが、第11戦イギリス大会の表彰台に立ちました。Hondaにとっては、3戦連続のダブルポディウムであり、さらに、Honda勢による表彰台の独占にあと一歩まで迫る健闘ぶりでした。

レース1では、イブジェニー・バブリシェフ(Team HRC)が好スタート。彼のCRF450RWが、1コーナーを先頭で立ち上がりました。その後バブリシェフは、後続に6秒ほどのリードを築きますが、レース中盤に差しかかると、ガイザーが接近。Honda勢同士のトップ争いとなりました。

160621_122

バブリシェフは、ガイザーが激しい追い上げでベストラップを叩き出すまでは力強い走りを披露していたものの、ラスト10分になったあたりで走行スタイルが変化。その影響で、ジャンプを少し飛びすぎてしまい、わだちに着地してコーナーからコースアウトしてしまいました。転倒こそ免れて、すぐにコースに復帰できたものの、そのすきにポジション下げ、4位でチェッカーを受けました。バブリシェフはレース2で5位だったため、3位に2ポイント差の総合4位で、惜しくも表彰台を逃しました。

160621_123

一方でポーリンは、レース1では単独5番手の座を保つために、ジェレミー・バン・ホービーク(ヤマハ)からのプレッシャーに抵抗。ポジションを守りきり、5位でフィニッシュしました。続いて迎えたレース2では力強いスタートを決め、3位でフィニッシュ。その結果、今シーズン2度目の表彰台となる、総合3位となりました。

160621_124

総合優勝を果たしたのはガイザーで、2レースともを制し(今季11勝目)、ポイントランキングでは2位との差を74点に広げました。

160621_125

レース1では、スタートで5番手につけ、1周目に4番手に浮上。そこからも先行するライバルをかわしていき、やがて6秒先を走るバブリシェフに照準を定めました。そして、ファステストラップを塗り替えながら迫ると、バブリシェフを抜き去り、この日の1勝目を挙げました。

160621_121

ガイザーはレース2でも、スタート4番手から猛然と集団を切り裂きました。この日、午前は好天に恵まれていましたが、そこから雨になり、一気に天候が悪化。気温も急激に下がりましたが、いずれもガイザーを止める要素にはなりませんでした。マキシミリアン・ナグル(ハスクバーナ)を追う過程で、またしてもファステストラップを叩き出し、レース中盤でトップに立つと、そのまま勝利しました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  2. 日本自動車工業会(以下自工会)は、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)に、東京臨海副都…
  3. スズキは、10月2日よりドイツ・ケルンで開催される「インターモト2018」に向け、「“斬”F…
  4. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
ページ上部へ戻る