[YAMAHA]SBK Rd.8 初出場したカネパが第1レース7位と健闘 ローズはレース2でファステストラップを記録

160620_19

■大会名称:スーパーバイク世界選手権第8戦イタリア大会
■開催地:イタリア/ミサノ・ワールドサーキット・マルコ・シモンチェリ(1周 4.226km)

レース1
■開催日:2016年6月18日(土)
■コースコンディション:ドライ
■気温:24度 ■路面温度:43度
■PP:T・サイクス(カワサキ/1分34秒037)
■FL:T・サイクス(カワサキ/1分35秒507)

レース2
■開催日:2016年6月19日(日)
■コースコンディション:ドライ
■気温:22度 ■路面温度:38度
■PP:T・サイクス(カワサキ/1分34秒037)
■FL:A・ローズ(ヤマハ/1分35秒165)

レース1

フリープラクティスで好調をアピールしながら、予選はレッドフラッグによって時間が短縮されたこともあり実力を出し切れなかったカネパ。決勝ではスタート直後から果敢にペースを上げ、オープニングラップで10位、2ラップ目には8位に上がってそのまま順調に周回を重ねていった。レース終盤になるとさらにペースを上げて7位へ浮上。YZF-R1でのデビュー戦で9ポイントを獲得する大健闘だった。

一方のローズは、予選で1分34秒641を記録して4位を獲得。好スタートのあと第2コーナーでのアクシデントをかわし、6位をキープしてオープニングラップを終了した。その後、2台を抜いて4位に浮上。8ラップにわたってそのポジションをキープしていたが、怪我の影響で十分なパワーを維持できなくなり徐々に後退した。それでもリタイアはせず、レース続行を決意。何とか本来のリズムを取り戻そうと最後まで懸命のプッシュを続け、13位でチェッカーを受けた。

レース2

怪我の影響が残るA・ローズ。第1レースのリベンジを狙って再度挑戦し、全21ラップのほとんどでトップ5をキープしたほかファステストラップも記録。最終的には8位でチェッカーを受けた。チームメイトのN・カネパはひとつ後ろの9位。

ローズは絶好のスタートから、すぐさま上位を目指し、2番手で第1コーナーへ進入。その後ひとつ下げたものの、3位をキープして順調に走行を続けながら、そのなかで1分35秒165のファステストラップも記録した。やがて5位へと後退したが離されずについて行き、6ラップ目には4位奪還を狙うも届かず。その後もハードなプッシュを続けて後続よりも1秒速いペースで走行、順調にトップ5をキープした。しかし終盤になると体力が落ち始め、追い上げてきた集団に対抗することができず、残り2ラップで3台に先行を許して8位となった。両レースの合計で81ポイントを獲得してランキング10位。

一方のカネパは、好スタートを切ったものの、1ラップ目に起きたクラッシュを避けて22位へと後退。しかし素早く挽回し、2ラップ目には一気に12位まで浮上した。その後も前を行くライダーたちより速いペースでコンスタントに周回を続けるも、なかなかチャンスに恵まれず。14ラップ目でようやく仕掛けて10位へ浮上し、終盤でさらにひとつ上げて9位を獲得した。レースのなかで合計13台をパスしたカネパ。Pata YamahaのYZF-R1でのデビュー戦で16ポイントを手中にした。

Pata Yamaha Official WorldSBK Teamはこのあともミサノ・サーキットに残り、MOTUL FIMスーパーバイク・ワールド・チャンピオンシップが主催する公式テストに参加する。次回、アメリカ大会はラグナセカを舞台に、7月8日から10日の日程で開催される。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハ発動機は、2017年に全日本モトクロス選手権IA2クラスでチャンピオンを獲得したヤマハ…
  2. 2018年4月18日、新型CB1000Rの試乗会が開催され本誌からはメインテスターの丸山浩さ…
  3. 2018年4月23日、新型モンキー125が国内だけではなく欧州でも発表された。基本的には国内…
  4. ライディングの安全性を新たな次元へ ボッシュは、道路交通におけるライダーの死亡事故を防ぐ「…
ページ上部へ戻る