[HONDA]CEV Rd.4 長島哲太3位/4位と好結果を残す 山田誓己は8位/14位となる

160617_116

2016年6月12日(日)・決勝
会場:スペイン・バルセロナ

2016年FIM CEVレプソルインターナショナル選手権の第4戦は、スペイン・バルセロナにあるカタルニア・サーキットで開催されました。このサーキットはバルセロナ市内から電車で行くことができるアクセスのいいことでも知られています。レイアウトは、シンプルでパッシングポイントが少ないコース。ただ今回はロードレース世界選手権(MotoGP)第7戦カタルニアGPのフリー走行で起きた事故を受けて、コースレイアウトが変更されて行われました。

Moto2の予選では、長島哲太(Ajo Motorsport A.)が初ポールポジションを獲得しました。WGP500cc(現MotoGP)チャンピオンのワイン・ガードナーの息子であるレミー・ガードナー(RACE EXPERIENCE)が予選2番手。また山田誓己(Nobby H43 Honda)は12番手となりました。

160617_117

1レース目、ガードナーがスタートダッシュをみせ、レースを引っ張ります。長島はスタートで遅れ、1コーナーを5番手で通過、その後は混戦に巻き込まれます。激しいポジション争いからはじかれるように転倒する車両もあり、長島はその影響で後退、波乱のレースが始まりました。ガードナーはトップを独走し、それをスティーブン・オデンダル(AGR TEAM)が集団から抜け出して、追いかけます。3番手争いは大きな集団となり、エリック・グラナド(PROMORACING)が引っ張ります。長島は前に出るタイミングを図っていました。

160617_118

9ラップ目、マシンから白煙を噴くガードナーにオレンジボールフラッグが提示されピットイン。代わって主導権を握ったのはリカルド・カルドス(PROMOTO SPORT)、それをグラナドと、3番手争い制した長島が追いかけます。しかし、3台の差は詰まることもなく均等な間隔となり、そのままの順位でチェッカーを受けました。予選12番手からスタートした山田はポジションを上げ、8位でフィニッシュしています。

160617_120

レース2もガードナーがホールショットを決め、長島は2番手につけます。ガードナーが逃げ、長島、オデンダル、カルドスの3台が僅差のバトルを展開しながら追いかけました。その3台の争いからカルドスとオデンダルが飛び出し、長島は4番手争いに飲み込まれます。長島は4番手争いを抜けようとしますが、グラナドが迫ります。争いは最終ラップまで続き、長島が最後に前に出て4位となりました。優勝はガードナーで、2位のカルドス、3位のオデンダルとともに表彰台に登りました。

160617_119

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る