カワサキ、「Ninja H2R」が超高速度域での安定したライディングを評価され、全国発明表彰「発明賞」を受賞

13442222_1020114764738715_5072229812589021534_n

カワサキは、同社の取り扱うスーパーチャージドエンジン搭載のスポーツバイク「Ninja H2R」において、超高速度域での安定したライディングを評価され、全国発明表彰「発明賞」を受賞したことを発表した。

全国発明表彰は、科学技術の向上および産業の発展に寄与することを目的に始まり、多大な功績を挙げた発明、考案、ならびに意匠を表彰する制度である。

「Ninja H2R」が全国発明表彰「発明賞」を受賞

160617_114
このたび公益社団法人発明協会主催の平成28年度全国発明表彰において、当社が開発したハイパフォーマンススポーツモデル「Ninja H2R」の意匠が「発明賞」を受賞しました。

全国発明表彰は、大正8年に我が国の科学技術の向上および産業の発展に寄与することを目的に始まり、我が国において多大な功績を挙げた発明、考案、ならびに意匠を表彰する制度です。

今回の受賞は、「量産二輪初の自社製スーパーチャージドエンジン(過給機搭載エンジン)」で必要となる「ラムダクト」を効率良くレイアウトするとともに、300km/hオーバー時の「走行安定性」「エンジン排熱」および「ライダープロテクション」を同時に達成し、超高速度域においても安心したライディングを可能とする、「Ninja H2R」のデザインが高く評価されたものです。

表彰式は、発明協会総裁の常陸宮殿下ならびに同妃殿下のご臨席を賜り、6月15日にホテルオークラ東京にて開催されました。

当社は、今回の受賞を機に、今後もデザイン力でカワサキブランドを強力にアピールしていくとともに、独自性・革新性に富んだ製品・サービスの提供に努めてまいります。

【受賞件名】
超高速走行時の安定性を確保した自動二輪車の意匠(意匠登録 第1518282号)

【受賞者】
松村 典和(モーターサイクル&エンジンカンパニー 技術本部 デザイン部 スタイリング課 アシスタントデザインマネージャー)
植本 匠(モーターサイクル&エンジンカンパニー 技術本部 デザイン部 スタイリング課 シニアデザインマネージャー)
山田 真司(元 モーターサイクル&エンジンカンパニー 技術本部 デザイン部 スタイリング課)

160617_113

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  2. 日本自動車工業会(以下自工会)は、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)に、東京臨海副都…
  3. スズキは、10月2日よりドイツ・ケルンで開催される「インターモト2018」に向け、「“斬”F…
  4. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
ページ上部へ戻る