【新車】カワサキ、「W800 Final Edition」を7月15日から国内発売 W3を彷彿とさせるデザインを採用

160615_11

空冷バーチカルツインの歴史に幕

カワサキは、空冷バーチカルツイン「W800 Final Edition」を7月15日から国内発売することを発表した。

トラディショナルな美しさと味わい深いライディングフィールが魅力のW800。懐かしくも新しい魅力で長きに渡ってライダーに愛されてきた「W」シリーズの、最後のモデルとして販売される。
空冷バーチカルツインのエンジンを受け継いだ「W800」は、Wシリーズの源流である「650-W1」の発表から50年の節目にその歴史を閉じることとなった。

「W800 Final Edition」は1973年に登場した650RS W3を彷彿とさせるカラー&グラフィックに専用のエンブレムを採用。塗装段差の少ない4度塗りの高級塗装は塗装工程までW3と同様という、徹底した拘りを見せている。

【関連ニュース】
◆カワサキ「W800」EUで販売終了へ。W1、W2から受け継がれた空冷バーチカルツインの歴史に幕

W800 Final Edition

160615_08

160615_09160615_10

※カラー名:キャンディサンストーンチャコール×キャンディサンセットオレンジ

特別色に彩られた美しい外観に加えて、シンプルで美しさを突き詰めたエンジンはベベルギヤが印象的なロングストロークのバーチカルツイン。

各所に施されたバフ研磨やクリアコート、クロームメッキは眩い光を放ち、クラシカルな形状のキャブトンタイプマフラーからはツインならではの力強いサウンドを奏でる。

先にEUにて生産終了が決定し、発表された「W800 Final Edition」。日本でも発売となったが、この伝統的なスタイルと、美しい空冷バーチカルツインの車両がまた1つ生産終了となることに寂しさを感じずにはいられない。

メーカー希望小売価格は925,560円(本体価格857,000円、消費税68,560円)。また、Final Edition発売を記念し「W800 スペシャルクレジットキャンペーン」も7月1日から実施される。

【関連ニュース】
カワサキ、W800 Final Edition発売を記念し「W800 スペシャルクレジットキャンペーン」を7月1日から実施

スタンダードモデルからの主な変更点

・カラー&グラフィックの変更(特別塗装)
・シートデザインの変更
・フューエルタンクに専用のエンブレムを採用
・フューエルタンク上面に専用のデカールを採用
・フロント、リヤのハブにブラック塗装を採用
・エンジン(ヘッドカバー、シリンダーヘッド、クランクケース)にブラック塗装を採用
・フューエルインジェクションカバーにハンマートーン塗装を採用

主な特長

4コート4ベイクの特別塗装を採用

熟練の技を持つ技師が手作業で施す特別塗装は塗装と焼付けをそれぞれ4回づつ行う事により、深みのある色合いと独特の輝きを実現している。

1.ベースとなるオレンジ塗装と焼付け乾燥
2.熟練の技術者だけが可能とする曲線部の確かなマスキング
3.丁寧に施されるブラック塗装と焼付け乾燥
4.塗装の塗り重ね部分に出来るミクロン単位の段差を手の感触で探し当て、サンディング(紙やすり)で滑らかに加工
5.さらに美しい輝きを放つキャンディオレンジクリアコートと焼付け乾燥
6.最終調整のサンディングの後、UVクリアコート、焼付け乾燥を施して完成

160615_12

シートには白いパイピングとオリジナルのパターンのデザインを採用。
Wの文字をゴールドであしらったタンクエンブレムが高級感を演出。
立体加工されたサイドカバーエンブレムはクラシカルでありながら躍動感を醸し出す。
ハンマートーン塗装を施したフューエルインジェクションカバーが特別感を主張。
フューエルタンク上部にはFINAL EDITIONの文字。
前後ハブをブラック塗装。足回りの印象をシャープに演出。

【関連ニュース】
カワサキ、W800 Final Edition発売を記念し「W800 スペシャルクレジットキャンペーン」を7月1日から実施
カワサキ「W800」EUで販売終了へ。W1、W2から受け継がれた空冷バーチカルツインの歴史に幕

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る