[HONDA]Honda Rider Collection Vol.10 Moto3 ヤコブ・コーンフェール

p1-tile

生年月日:1993/04/08
出身地:チェコ
身長・体重:169cm・62kg
チーム(マシン):Drive M7 SIC Racing Team(NSF250RW)
2015年の成績:Moto3 総合12位

23歳という若さににもかかわらず、ヤコブ・コーンフェール選手は現在のMoto3クラスの中で最も豊富な経験の持ち主の一人と言っていいでしょう。2009年にレッドブルルーキーズカップでチャンピオンを獲得した直後に、MotoGPの125ccクラスへ参戦。第13戦サンマリノGP以降の終盤5戦にエントリーし、世界選手権デビューを果たしました。以後、コーンフェール選手は毎年、最小排気量クラスにフル参戦を続けてきました。

2016年シーズンは、セパン・インターナショナルサーキットを運営母体とするDrive M7 SIC Racing Teamから参戦しています。HondaのMoto3マシンに乗るのは12年のFTR Honda以来ですが、NSF250RWは非常に乗りやすいと、コーンフェール選手は話します。

「今年のHondaのマシンはとてもいいと思います。僕はここ数年、ライバルメーカーのマシンに乗っていましたが、ストップ&ゴータイプだったそのマシンの特性と比較すると、Hondaの場合は全くの逆で、コーナリングスピードをできる限り高めて、マシンと格闘するような乗り方をしない方がいいんです。昨年Hondaのマシンに乗っていて今年からライバル陣営のものに乗り換えた選手たちよりも、ライバル陣営のマシンからHondaのマシンに乗り換えた僕の方がランキングで上にいるところに注目してもらえれば、僕の方がうまく順応できていることが分かってもらえると思いますよ」

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る