鈴鹿サーキット、2016 鈴鹿8耐 暫定エントリーリストを発表 70チームが出場予定

160614_10

鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)は、2016年7月28日(木)~31日(日)に開催される2016 FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦 “コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第39回大会の暫定エントリーリストを発表した。

今年は、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)の耐久規則変更に伴う特別規則の変更を受け、出場枠を勝ち取った70チームが出場する予定だ。

2006年のロードレース世界選手権MotoGPTMチャンピオンであるニッキー・ヘイデン選手をはじめ、昨年、予選最速タイムを記録し優勝を飾った、現役MotoGPTMライダーのポル・エスパルガロ選手、鈴鹿8耐で優勝経験のあるレオン・ハスラム選手、マイケル・ファン・デル・マーク選手や、2015年ブリティッシュスーパーバイク選手権のチャンピオンであるジョシュ・ブルックス選手など、海外からも多くの実績のあるライダーがエントリーしている。

各チームは、7月4日(月)~6日(水)に鈴鹿サーキットで開催される公式テストなどを通して準備を整え、7月28日(木)~31日(日)の大会に臨む。

》暫定エントリーリストはこちら

情報提供元 [ 鈴鹿サーキット ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る