[HONDA] 全日本モトクロス2016 Team HRC現場レポート vol.33

160614_101

目標は優勝。しかしタイトルを見据えた戦い方が重要

全日本モトクロス第4戦(6月5日・菅生・スポーツランドSUGO)におけるTeam HRCのリザルトは、成田亮選手(#982・CRF450RW)=IA1総合優勝(優勝/2位)、能塚智寛選手(#28・CRF250RW)=IA2総合8位(22位/3位)でした。今回の現場レポートでは、Team HRCの芹沢直樹監督に第4戦を振り返っていただきます。

今回の菅生は非常に重要な一戦でした。IA1の成田に関しては、前戦広島(世羅グリーンパーク弘楽園)のヒート2でずるずるとポジションを下げ、8位に甘んじていました。体調不良という事情があったものの、負け方としてはあまりいいかたちではなかったです。それを受けて地元の菅生ですから、ここできっちりと巻き返すことが、今後のシリーズの流れを引き寄せるためにも大事だと考えていました。

160614_102

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トライアンフモーターサイクルズジャパンは、12月11日(火)に、東京・南青山のMORIO'S…
  2. トライアンフは、12月15日(土)より2019年モデル「Street Scrambler」を…
  3. トライアンフは、12月15日より2019年モデルNEW Street Twinを発売すると発…
  4. アウトドア用品の中でも、マルチツールの王道として知られるLeatehrman(レザーマン)。…
ページ上部へ戻る