[REPSOL]WCT Rd.4 トニ・ボウがまた連勝

160613_148

レプソル・ホンダチームのトニ・ボウが今週末に行われたアンドラGPで2日とも優勝した。藤波貴久は表彰台を獲得、ハイメ・ブストは2日とも4位だった。

2ラウンドで今週末に行われたトライアル世界選手権アンドラGPで、トニ・ボウがまた主役になった。レプソル・ホンダチームのライダー、トニ・ボウは2つの優勝を勝ち取り、タイトル争いのリードを17ポイントに延ばした。

160613_147

チームメイトはこの週末は運が入り交じっていた。土曜日は藤波貴久が表彰台を獲得、ハイメ・ブストは4位、日曜日はバスク出身のブストが同じ4位を獲得、藤波は6位だった。この結果、日本人ライダー藤波貴久は選手権3位を維持、ブストは4位のままである。

次戦は次週フランスでチャンピオンシップが2戦行われる。

→全文を読む

情報提供元 [ REPSOL ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 二輪車整備士という仕事への情熱と誇りに迫る ヤマハ発動機は、企業目的「感動創造」に向けた企…
  2. SHOEIは、「Z-7 STIMULI(スティミュライ)」を2019年3月に発売する。 …
  3. SHOEIは、「NEOTEC II SPLICER(スプライサー)」を2019年3月に発売す…
  4. SHOEIは、「J・O NOSTALGIA(ノスタルジア)」を2019年3月に発売する。 …
ページ上部へ戻る