[DUNLOP]AMA MX Rd.3 450クラス ロクスンが難コースを制し完全優勝

160613_144

サンダーバレー・モトクロスパークは、シリーズの中で最も海抜が高い開催地。ホームランが出やすい野球場のあるデンバー、スポーツの高地トレーニングに利用されるボールダーなど、近隣には空気の希薄な土地柄で知られる町がある。当地における気圧の低さは、マシンセッティングのみならずライダーの体調にも影響を与えるので、ハードとソフトの両面で対策が求められる重要なラウンド。’08~’09年にはガソリンの泡立ちを抑えるため、夕方から始まるナイター開催が試みられたこともあった。

コースは丘陵地にあるため、全周にわたって緩い傾斜が続き、平坦なセクションは皆無。重機に掘り起こされたザクザクの路面がほとんどで、スタート直後などパワーが食われる登り坂がある。コーナーには深いワダチができるので、ハイスピードを維持したままの大クラッシュが発生しやすい難コースである。

160613_145

プラクティスのトップタイムは、2分07秒台(450)~2分09秒台(250)。フルエントリー中の富田俊樹(ホンダ)は、2分18秒246=予選31位で450決勝へ進出。今大会でスポット参戦を終える安原志(ヤマハ)は、450予選48位、ラストチャンス9位にとどまった。

450クラスのヒート1では、ケン・ロクスン(スズキ)が見事なスタートtoフィニッシュを決めた。オープニング2位につけたジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)は、体調を崩し7周でリタイア。2位にはライアン・ダンジー(KTM)が浮上し、3位にはジョシュ・グラント(カワサキ)とのバトルを制した、トレイ・カナード(ホンダ)が入賞。富田は20位に入った。

160613_146

450クラスのヒート2は、カナードがホールショットを取る一方で、ダンジーが転倒を喫す波乱のオープニングとなった。3周目にはコール・シーリー(ホンダ)が首位に立ったが、4周目にはスタート5位からジャンプアップしてきたロクスンが、トップに躍り出た。ロクスンは早々と独走態勢を整え、最大で12秒のリードを築いた。

レース後半になると、イーライ・トマック(カワサキ)がシーリーをかわして2位に浮上したが、ロクスンが余裕で逃げ切り優勝。パーフェクトウィンを飾った。3位シーリー、4位ダンジー。富田は19位でフィニッシュし、今大会トータルで3ポイントを獲得した。

→全文を読む

情報提供元 [ DUNLOP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. パルサーカバーとジェネレーターカバーの2点をラインナップ ヨシムラジャパンは、カワサキZ9…
  2. 第10回!4ミニだらけの恒例イベント 10月27日(土)に、鈴鹿ツインサーキットで「ENJ…
  3. ツーリングプランのコースを無料でナビゲーション ナビタイムジャパンは、2018年8月17日…
  4. 高品質なスプロケットやブレーキディスクでおなじみのサンスターから、Z900RS用の超お得なキ…
ページ上部へ戻る