[KTM]FLEX Racing TeamがKTM 1190 RC8_Rを駆って鈴鹿8耐参戦へ!

160613_140

夏のオートバイの祭典「鈴鹿8時間耐久オートバイレース」に今年もKTMが参戦決定!大阪のFLEXRacingTeamがKTMとコラボレーション。KTMは鈴鹿の夏に4度目の挑戦を⾏います。

KTM JAPANでは2013年よりさまざまな形で鈴鹿の夏に関わって来たが、2016年度は大阪府で若手育成に定評のあるFLEX Racing Teamとタッグを組み、2016 FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦として開催される「コカ・コーラゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース第39回大会」へ参戦を決定した。

「Flex Racing Team」は鈴鹿8耐や全日本選手権はじめ、ポケバイからロードレースまで幅広いレース活動を通してレースの世界への架け橋として活動して来たが、レースサポートやレース専用パーツの開発・販売を⾏うなど幅広くモータースポーツの世界で経験がある。

関⻄地区では39Cupというキッズを中心とした育成レースの主催者としても知られ、2015年からはKTMのオフィシャルロードレースサポートチームとして、RC125を最初のフルサイズ・モーターサイクルとしてキッズライダーに乗せる活動も開始。

チーム員にはKTM RC CUP with Metzelerに参戦している選手もあるなど、若手育成に注⼒しているチームだ。

加えて、大阪市⻄区ではKTM caféを経営するなど市井のKTMファンとレースとをつなげる重要な役割も担っている。2016年の鈴鹿8時間耐久レースには、KTM 1190R C8_Rをベースに純正カスタムパーツであるPOWERPARTSを中心にレーシングモデファイを実施して参戦する予定。

ライダーはエースで20歳の古澤幸也を中心に高田昌明、宇部敏明がコンビを組み、8時間の過酷なスプリントレースに挑む。

「Flex Racing Team」の活躍にぜひ、ご期待いただきたい。

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る