【ケニー佐川 コラム】RC213V-Sは本当に凄いのか!?

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

160603_28

先日、二輪専門誌のサーキットイベントで「RC213V-S」に試乗させていただきました。

これはRSタイチの松原社長が持ち込んだ車両で、参加者の中から限定ですが何人かにサーキット試乗体験もさせてあげる、という実に太っ腹な企画と相まって、大いに会場を沸かせていました。私もイベントの合間に数周ですが、もてぎの北ショートコースを走らせていただいたわけです。

どこが凄いのか

皆さん御存じのとおり、「RC213V-S」は世界最高峰のロードレースであるMotoGPクラスにおいて、2013、2014年度と2連覇したチャンピオンマシン「RC213V」を一部仕様変更し、一般公道で走行可能としたマシンです。
簡単に言えば、MotoGPマシンに灯火類とナンバープレートを付けたようなものです。

160610_37

160610_41160610_40

ホンダのリリースにも書かれているように、レース参戦で得た技術を市販車へフィードバックするのではなく、あくまでも”MotoGPで勝つために開発したマシンを一般公道で走らせる”というスタンスが今までのレーサーレプリカなどとも決定的に違う部分です。イメージを似せたレプリカ(模倣品)ではなく、中身までリアル(本物)なのです。

そのため、MotoGPマシンと同様の徹底したマス集中化とフリクション低減や、制御技術も搭載していると言います。また、量産車との圧倒的な差を生んでいる要素として、製造上の”構成部品の軽量化と加工精度”や”製作時の高い技能”などが挙げられています。

「勝つため」の部品が組み込まれた市販車

リリースには「RC213Vは勝利に必要とされる部品のみで構成されている」という一説があります。それを裏付ける話として以前、ホンダの開発者に聞いたことがありますが、例えばMotoGPで勝つために必要なパーツがあれば、1億円かけてもそれを作るそうです。

世界最大にして最先端の技術を持つモーターサイクルメーカーが、世界最高峰のレースで勝つために全力を注ぎ込んで作り上げたマシン。その双子の兄弟と聞けば、その凄さが理解できるでしょう。

160610_39

151208_12151208_14

どんな乗り味なのか

ぱっと乗った感じは”普通”です。試乗する前はアドレナリンが体を駆け巡り、「どんな怪物でも来てみろ」とばかりに意気込んでいたのですが、拍子抜けしてしまうほど自然に乗れてしまうのには驚きました。

エンジンは穏やかでクラッチのつながりも軽く、サウンドも静か。ライポジは意外にもゆったりめで前傾もきつくなく、CBR1000RRよりちょっと大柄な感じ。ハンドル切れ角こそ26度に規制されていますが、それでも大回りすればUターンも普通にできてしまうほど低速トルクも充実しています。

デザインやサウンドにも”凄さの演出”が一切ないところが逆に凄いです。きっと免許取り立てのビギナーでも乗れてしまうことでしょう。

風に乗って舞い上がるような加速感

サーキットを走ると、その尋常ではない一面が顔を覗かせます。まずエンジンのレスポンスが速い。ストレートでスロットルを開けると、あっと言う間にレブリミッターが効いてしまいます。日本仕様でレブが低めに設定されているせいもあると思いますが、上昇感を楽しむなどという余裕はありません。

エンジンを構成する細かいパーツひとつひとつの精度の高さ、フリクションロスや振動の少なさがエンジンの回転フィールからひしひしと伝わってきます。加速感も路面を蹴飛ばすというよりも、風に乗って舞い上がるような軽やかさです。

ハンドリングも今まで乗ったどのマシンより軽やかで、エンジンなどの重量物のマスを感じさせないヒラリ感があります。特にS字などは、その気になればフルバンクのまま右から左へと瞬時に切り返せる予感はしました。MotoGPでよく見るシーンですよね。もちろん借り物ですし、価格を考えると自分にリミッターがかかってしまったことは言うまでもありません。

それでいて、コーナリング中の安心感・安定感は抜群のものがあります。どの量産市販車のスーパースポーツよりもタイトなラインを切り取れる旋回性能、そしてラインの正確性は、これまで自分が経験したことがないものでした。電子制御については、残念ながらその恩恵に預かれるまでの走りができませんでした。

160610_38

その価値とは

ホンダでは、昔からマシンはライダーが操るものであり、”扱いやすさ”を”勝つために必要な手段”と位置付けているそうです。その意味でRC213V‐Sは、「世界一速いマシンは、世界一操りやすいマシンでもある」というホンダの思想そのものを体現したモデルとも言えます。

事実、オーナーのRSタイチの松原社長も、大阪から会場となった「ツインリンクもてぎ」までRC213V-Sで自走してこられたという話でしたし、この日試乗できたラッキーな参加者たちは私を含めて異口同音にそれを感じたことと思います。

RC213-Vが昨年発表された当初は、日本円で2,190万円という従来のモーターサイクルの常識を破る価格に注目が集まり、そこだけが独り歩きしている感もありましたが、その生い立ちを理解し、規格外の走りの世界を体験した者であれば、納得できるプライシングとも思えました。

1台数億円とも言われるファクトリーマシンそのままに、公道でツーリングも楽しめてしまう。例えば、これを4輪のF1マシンに置き換えてみると分かりやすいかもしれませんね。

もちろん、RC213-Vを所有できる人は限られると思いますし、価値観も人それぞれですが、人間がこれまで100年以上かけて積み上げてきたモーターサイクルの歴史と技術のひとつの集大成として考えれば、その価値は大きいと思えるのです。皆さんもどこかで試乗できる機会があれば、ぜひご自身で体験してみてください!

151208_17

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る