[TSR]世界耐久選手権シリーズ第2戦ポルトガル/F.C.C. TSR Honda、暫定順位は総合4番手

160610_104

ポルティマオ公式セッション・公式予選1日目/6月9日

日付けは6月9日(木)となり、いよいよ公式日程が始まった。

午前中のフリー走行では、PJがトップタイムをマークするなど、決勝を想定したセットアップも順調に進み、午後の予選はフリー走行と違い、強風の元での走行となった。その中でトップバッターとしてブルー腕章の一馬がコースイン。一時1分47秒619をマークしてトップに立つが、最終的に2番手でセッションを終了した。

2番目のライダーPJは黄色腕章を付けてコースイン、1分47秒761のセッションベストを記録して、一時トップに立つが、結局そのままのタイムでグループ4番手でセッションを終えた。

最後にダミアンが赤腕章を付けてセッションに臨んだ。セッション中盤までは48秒台だったが、一旦ピットに戻り、タイヤの交換やサスの調整などを行い、終了間際に47秒799をマークしてグループ6番手で走行を終了した。

→全文を読む

情報提供元 [ TSR ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る