ニッキー・ヘイデンが参戦決定!ホンダ、2016年鈴鹿8耐チーム参戦体制を発表

2016 WSBK, Winter Test, Phillip Island, Australia,

Hondaは、三重県・鈴鹿サーキットにて、7月31日(日)に決勝レースが行われる「2016 FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦”コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第39回大会」に参戦する主なチームの体制を発表した。

中でも注目は「MuSASHi RT HARC-PRO.」のチーム体制。
JSB1000に参戦中の高橋巧、WSBで活躍中のマイケル・ファン・デル・マークの2連覇達成時コンビに加え、同じくWSBで活躍中の2006年MotoGPチャンピオン、ニッキー・ヘイデンの参戦が決定している。

ヘイデンにとっては、13年ぶりの鈴鹿8耐参戦。「MuSASHi RT HARC-PRO.」は、この強力布陣で2年ぶりの優勝を目指す。

F.C.C. TSR Honda

昨年2位を獲得したF.C.C. TSR Hondaは、今季FIM世界耐久選手権シリーズ第1戦ル・マン24時間耐久ロードレースで3位表彰台を獲得し、現在、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズJSB1000クラスに参戦中の渡辺一馬、FIMスーパースポーツ世界選手権シリーズ(WSS)で活躍中のパトリック・ジェイコブセン、3年連続で鈴鹿8耐参戦となるFIMロードレース世界選手権シリーズMoto2クラス参戦中のドミニク・エガーターをチームに迎え、優勝を狙う。

 

MuSASHi RT HARC-PRO.

MuSASHi RT HARC-PRO.は、JSB1000に参戦中の高橋巧と、FIMスーパーバイク世界選手権シリーズ(WSB)で活躍中のマイケル・ファン・デル・マークという鈴鹿8耐2連覇(2013年・2014年)を達成した2人を昨年に引き続き起用。さらに13年ぶりの参戦となる、2006年MotoGPチャンピオンのニッキー・ヘイデンを迎え、2年ぶりの優勝を目指す。

 

Satu HATI. Honda Team Asia

鈴鹿8耐参戦5年目となるSatu HATI. Honda Team Asiaはアジアで活躍するライダーを中心にチームを編成。上位入賞を目指し参戦する。

 

Honda社内チーム

また、Hondaの社内チームからは、7チームが参戦。熊本地震で被災した熊本製作所から「Honda熊本レーシング」、「Honda緑陽会熊本レーシングwithくまモン」および「HondaブルーヘルメットMSC熊本」も、復興の想いとともに挑む。

 

参戦ライダーのコメント

F.C.C. TSR Honda

■渡辺 一馬
160610_15
「F.C.C. TSR Hondaでこのような体制を作って下さったHonda、チーム、そしてテルルを始めとするスポンサーの方々に大変感謝しています。今年はスプリントのほかに、ル・マン24時間(フランス)、ポルティマオ12時間(ポルトガル)の耐久レースにも参戦させていただきました。耐久レースの経験を含め、大きな収穫を得たことで、アドバンテージは大きくなったと確信しています。この2つの耐久レースは、すべて今年の鈴鹿8耐で優勝する、という目標のための取り組みでした。その成果を多くの人に見てもらい、期待に応えたいと思います」

 
■パトリック・ジェイコブセン
12,h,Portimao,2016,Ewc,Parade
「F.C.C. TSR Hondaとともに鈴鹿8耐に出場できることは、この上ないチャンスです。素晴らしいレースを、トップチームで戦えることを光栄に思います。天候は暑く、シビアなレースになると予想していますが、ベストを尽くします。とにかく早くレースが始まることを待ち望んでいます」

 
■ドミニク・エガーター
160610_17
「F.C.C. TSR Hondaのような素晴らしいチームと一緒に鈴鹿8耐で戦えることをうれしく思います。鈴鹿8耐は非常にシビアなレースで、良い成績を収めるためには、チームが重要、ピット作業からマシンのセットアップまで、細かな作業が非常に大事になります。我々のチームは非常に優秀で、CBR1000RRも非常に速いマシンですので、昨年の2位入賞に続き、今年も表彰台に上ることを楽しみにしています」

 

MuSASHi RT HARC-PRO.

■高橋 巧
160610_12
「2015年の8耐はあっという間に幕を閉じ、本当に悔しさが残るレースでした。2016年もまた最高のチーム、最高のチームメート、恵まれた体制で走れることをうれしく思います。昨年の悔しさをバネにリベンジし、王者奪還を目指してチーム一丸となって頑張ります」

 
■マイケル・ファン・デル・マーク
160610_13
「鈴鹿8耐に再び参戦できることをうれしく、また光栄に思います。8耐はシーズンの中でも特別なレースで、昨年は決勝を走れなかったことから、今年こそはという気持ちでいっぱいです。MuSASHi RT HARC-PRO.では良い思い出がたくさんあり、2016年の目標はもちろん優勝です。ヘイデン選手、高橋選手はともに優れたライダーなので、非常に強いチーム体制で戦えると思います」

 
■ニッキー・ヘイデン
2016 WSBK, Winter Test, Phillip Island, Australia,
「鈴鹿8耐のように歴史があるレースに出場することができて光栄です。ル・マン式のスタートやピットワーク、またチームメートとともに全員の一番良いセットアップを見つけ出す作業は、普段のレースとは全く異なります。長いサマーブレイクの間も、鈴鹿8耐というレースに参加して自分のスキルを維持できることをうれしく思います。多くの優れたチームとの長くタフな戦いになりますが、優勝して、鈴鹿8耐のトロフィーを自分のコレクションに追加したいと思います」

鈴鹿8耐に参戦する主なチーム

ゼッケン チーム名 マシン ライダー名
5 F.C.C. TSR Honda CBR1000RR 渡辺 一馬
(Kazuma Watanabe)
パトリック・ジェイコブセン
(Patrick Jacobsen)
ドミニク・エガーター
(Dominique Aegerter)
090 au&Teluru・ Kohara RT CBR1000RR 秋吉 耕佑
(Kosuke Akiyoshi)
ダミアン・カドリン
(Damian Cudlin)
大久保 光
(Hikari Okubo)
104 TOHO Racing CBR1000RR 山口 辰也
(Tatsuya Yamaguchi)
ラタパーク・ウィライロー
(Ratthapark Wilairot)
TBD
634 MuSASHi RT HARC-PRO. CBR1000RR 高橋 巧
(Takumi Takahashi)
マイケル・ファン・デル・マーク
(Michael van der Mark)
ニッキー・ヘイデン
(Nicky Hayden)

※ 上記参戦体制は、6月10日時点のもので、変更となる場合がある。
※ ゼッケン番号に基づいた順で、チーム名を掲載している。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 20170227_pol25
    オフロードバイクメーカーの外装生産も引き受けるポルトガルの企業 ポリスポーツ(Polispor…
  2. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  3. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  4. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
ページ上部へ戻る