【改善対策】ホンダ、「ゴールドウイング」二輪車用エアバッグインフレータに容器が破損するおそれ

160609_124

【関連ニュース】
◆製作期間:ホンダオブアメリカ(SC47)改善対策はこちら(平成19年4月~平成21年3月)

■改善対策届出番号届出番号
498

■改善対策届出日
平成28年6月9日

■改善対策開始日
平成28年6月10日

■届出者の氏名又は名称
本田技研工業株式会社
取締役社長 八郷 隆弘
問い合わせ先:お客様相談センター
TEL 0120-086819

■不具合の部位(部品名)
エアバッグ装置(インフレータ)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
二輪車用エアバッグのインフレーター(膨張装置)において、環境温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがあります。そのため、エアバッグ展開時にインフレ-ター内圧が異常上昇して、インフレーター容器が破損するおそれがあります。

■改善対策の内容
二輪車用エアバッグモジュールを対策品と交換します。 なお、部品の準備に時間を要することから、当面の暫定措置としてエアバッグの機能を停止するとともに、エアバッグ警告灯を点灯させ、エアバッグモジュールカバーに当該エアバッグが作動しない旨の警告を表示します。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメール等で通知します。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載します。
・改善実施済車には、その旨を点検整備記録簿に記載します。

■車名
ホンダ

■型式/通称名/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

・通称名:「ゴールドウイング」
  型式:EBL-SC68
  車台番号:SC68-1000006~SC68-1000795
  製作期間:平成23年9月24日~平成24年9月11日
  対象台数:358台

・通称名:「ゴールドウイング」
  型式:EBL-SC68
  車台番号:SC68-1100019~SC68-1100819
  製作期間:平成24年11月20日~平成25年10月9日
  対象台数:120台

・通称名:「ゴールドウイング」
  型式:EBL-SC68
  車台番号:SC68-1200017~SC68-1200826
  製作期間:平成25年11月7日~平成26年9月8日
  対象台数:215台

・通称名:「ゴールドウイング」
  型式:EBL-SC68
  車台番号:SC68-1300005~SC68-1300786
  製作期間:平成26年9月26日~平成27年9月11日
  対象台数:207台

■合計
・計1車種
・製作期間の全体の範囲:平成23年9月24日~平成27年9月11日
・計900台

160609_123

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

編集部おすすめ

  1. DEAN & DELUCA が他企業と展開する世界初のショップ ビー・エム・ダブリューと、…
  2. 第2戦 ツインリンクもてぎ大会の冠協賛が決定 6月2日(土)・3(日)にツインリンクもてぎ…
  3. カワサキは、「カワサキショールーム」をマーチエキュート神田万世橋に期間限定でオープンした。 …
  4. MVアグスタは、群馬県太田市のディーラー「M.C.ファクトリー フクシ」にて1月27日(土)…
ページ上部へ戻る