【新車】ヤマハ、「FJR1300AS/A」 6速化やコーナリングランプ採用など、大幅に刷新して発売

20160609fjr_01

ヤマハ発動機株式会社は、1,297 cm³の水冷・直列4気筒エンジンを搭載し、長距離ツアラー性能とスポーツ性を兼ね備え、スポーツツアラーとしての資質をさらに磨き上げた「FJR1300AS」および「FJR1300A」を2016年7月25日より発売する。

メーカー希望小売価格は「FJR1300A」で1,512,000円(税込み)、「FJR1300AS」で1,836,000円(税込み)。

より快適なツーリングモデルとして大幅に進化

20160609fjr_02
「FJR1300AS」「FJR1300A」は、ツーリングを楽しむベテランライダーが、「よりダイナミックに走りを楽しむためのパートナーとしての熟成」をポイントとして開発。5速だったトランスミッションをヤマハ初となる「セパレートドッグ構造」の6速へ変更。コンパクトながら旧モデルよりもミッション自体の軽量化を果たした。
外観もヘッドランプやテールランプまわりのデザインーを一新し、LEDを採用。シャープなフェイスデザインへと進化させた。

 
デザインが変更されたヘッドランプにはLEDを採用。メーターは新デザインのマルチファンクションメーターとして、アッパーケースに低反射化処理を採用。映り込みを低減し、視認性向上を狙っている。
20160609fjr_03
 
また、アシスト&スリッパークラッチをFJR1300Aに採用。FJR1300ASには、バンク角に応じて照射エリアを広げるコーナリングランプを採用した。
20160609fjr_04

クラッチレスのシフトと電子制御サスを搭載した上級グレード「FJR1300AS」

20160609fjr_05
FJR1300ASは「YCC-S」と呼ばれる「ヤマハ電子制御シフト」を装備した上級モデルで、クラッチレバーがなく、変速操作は左足のシフトペダルと左スイッチボックスにあるシフトレバーのどちらでも変速が可能。クラッチ操作から解放され、快適な走行性を追求している。

 
また、電動調整サスペンションを搭載し、フロントの減衰力とリアのイニシャル・リアの減衰力を統合的にバランスさせる自動調整機構を採用。また調整は多機能ハンドルスイッチにより、ドットマトリックス表示メーターを確認しながら行うこともできる。
20160609fjr_06

主要装備

水冷・DOHC・直列4気筒・1,297cm3・フューエルインジェクション搭載エンジン

79.0×66.2mmのボア×ストローク、10.8:1の圧縮比から優れた出力・トルク特性を獲得。軽量鍛造ピストン、優れた放熱性を誇る直メッキシリンダーと低張力ピストンリング、またコンパクト設計に貢献するサイドカムチェーンや快適性をもたらす2軸バランサーなどを装備している。

快適な高速巡航を支える6速トランスミッションと電子制御スロットル

ヤマハ初となるセパレートドッグ構造・コンパクトな6速トランスミッションを採用。現行サイズを維持したまま6速化を実現し、構成部品増加にもかかわらずおよそ400g(トランスミッション単体)の軽量化もあわせて達成(2015年モデル比)。トルクを効率よく駆動力に反映するよう各ギアを設計、全域で繋がりのよいギアレシオとした。

また、電子制御スロットルはECUユニットがライダーのアクセル操作を検知し、最適なスロットルバルブ開度を瞬時に演算。モーター駆動でスロットルバルブを作動させることで、吸入空気量をキメ細かく調整し、滑らかなトルク特性を獲得。ライダーの微妙な感覚に反応し、優れたドライバビリティを実現している。

トラクション・コントロール・システムとモード切替を搭載

発進・加速時に後輪のスピン兆候が検知されると、点火時期・燃料噴射量・YCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)を統合制御し、滑らかな発進性・走行性を支援する。オン/オフの選択が可能。
2種類のモード切り替えは、走行環境やライダーの好みにより、「Tモード」(長距離ツーリングや市街地での扱い易さを重視したモード)、「Sモード」(パワー感・スポーティな走行フィーリング・操る喜びを楽しめるモード)を選択できる。右側ハンドルにあるスイッチ操作により選択可能。

20160609fjr_07

上質な前後サスペンション FJR1300ASには電子制御サスペンションを装備

FJR1300Aには正立式フロントフォークを装備。3メタルスライド式で、アルミ製ピストンロッドやアルミ製プランジャーなどを装着し、軽量化を図りながら円滑な摺動性を確保している。リアサスペンションも、減衰特性とスプリングレートのバランスを最適化。「ソフト」「ハード」を手動で簡単に切替え可能で、とりわけ2名乗車時及び積載時の優れた乗り心地を実現している。

FJR1300ASには電動サスペンションが装備されており、フロントの減衰力、リアのイニシャル・リアの減衰力を統合的にバランスさせ、自動設定。また調整は多機能ハンドルスイッチにより、ドットマトリックス表示メーターを確認しながら行なえる。
設定は、「1人乗り」「1人乗り+荷物」「2人乗り」「2人乗り+荷物」の4パターン。それぞれに「ソフト」「スタンダード」「ハード」から減衰力を選択、さらに7段階(0~±3)に微調整でき、トータルで84通り(4×3×7=84)の調整が可能。ツーリング先で荷物が増えた時や、路面の状況が変化した時も簡単に調整ができ、ツーリング時の快適性向上に寄与している。
あわせてフロントサスペンションは、左右独立減衰力機構を備える倒立式。圧側減衰を左側フォーク、伸側減衰を右側フォークで発生させ、伸圧でシリンダーサイズの最適化を図ることで、連続作動時でも安定した性能を発揮。優れた車体剛性に寄与し、タイヤやリアサスペンションのリンク特性最適化などとの相乗効果により、剛性感に支えられたスポーティなハンドリングに貢献する。

リニア制御ABS&ユニファイドブレーキシステム

さまざまな路面状況下でも、タイヤ本来の性能をフルに発揮させることを狙いに開発した、リニア制御ABS※を搭載。前後ホイールセンサーから受け取る回転信号を、ECUで瞬時に解析。ブレーキの油圧系を最適に制御してホイールロックを抑制する。

 
なおブレーキ油圧調整は無段階で油圧を調整し、スムーズな制動感を実現。またライダーのブレーキ操作をサポート、優れたブレーキフィーリングとマシンの挙動安定化に貢献する、ユニファイドブレーキシステムを装備している。
20160609fjr_08

高速走行時に重宝する電動調整式のスクリーン

スクリーン、フロントカウル(アッパー&アンダー)、センターダクトを装備。スクリーンは電動で上下130mmの間でスライド可能な「曲線2本レール式」の駆動ユニットにより、スピーディな昇降・停止を実現。

 
高速走行時の快適性に貢献するセンターエアダクトを装着。乱気流により身体が振られるような圧力を低減し、穏やかな居住空間を作り出している。ライダー、タンデムライダーともに、ツーリングシーンでの優れた快適性をもたらしている。
20160609fjr_09

その他の先進装備

高速ツーリングでの快適性を向上するクルーズコントロールシステムを装備。3速以上で、約50km/hから100km/hまでの走行時にセット可能。またキャンセルは、ブレーキ操作、クラッチ操作、スロットルグリップ操作などで可能。さらにキャンセル後でも、再び直前の設定速度に戻して定速走行できるレジューム機能(スイッチ操作)も備えている。

ハンドルポジションは、ライダーの好みに応じて3段階・前後30mmの範囲で調整可能。またメインシートは2ポジション、高さ20mmの範囲で調整できる。さらに電磁ロックアクセサリーボックス(12VDC電源内蔵、容量1リットル)に加え、盗難を抑止するイモビライザーも装備している。

「FJR1300A」Style

fjr_p20160609-008▲FJR1300A マットシルバー

fjr_p20160609-006fjr_p20160609-007fjr_p20160609-006

fjr_p20160609-012▲FJR1300A ダークグレーメタリック

fjr_p20160609-013fjr_p20160609-011fjr_p20160609-010

「FJR1300AS」Style

fjr_p20160609-001▲FJR1300AS マットシルバー

fjr_p20160609-002fjr_p20160609-015fjr_p20160609-014

fjr_p20160609-005▲FJR1300AS ダークグレーメタリック

fjr_p20160609-016fjr_p20160609-004fjr_p20160609-003

■名称
「FJR1300AS」「FJR1300A」
・マットシルバー1(新色/マットシルバー)
・ダークグレーメタリックN(ダークグレー)

■発売日
2016年7月25日

■メーカー希望小売価格

FJR1300A
1,512,000円(本体価格1,400,000円、消費税112,000円)

FJR1300AS
1,836,000円(本体価格1,700,000円、消費税136,000円)

■販売計画
300台(シリーズ合計/年間、国内)

 

「FJR1300AS」「FJR1300A」主要仕様諸元 【 】内はFJR1300A

認定型式/原動機打刻型式 2BL-RP27J/P518E
全長×全幅×全高 2,230mm×750mm×1,325mm
シート高 805mm(低い位置・出荷時)825mm(高い位置)
軸間距離 1,545mm
最低地上高 125mm 【130mm】
車両重量 296kg 【289kg】
燃料消費率*1 国土交通省届出値
定地燃費値*2
24.6km/L(60km/h)2名乗車時
WMTCモード値(クラス)*3 16.6km/L(クラス3、サブクラス3-2)1名乗車時
原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列 直列4気筒
総排気量 1,297cm3
内径×行程 79.0mm×66.2mm
圧縮比 10.8:1
最高出力 108kW(147PS)/8,000 r/min
最大トルク 138N・m(14.1kgf・m)/7,000 r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 4.9L
燃料タンク容量 25L
燃料供給 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V,12.0Ah(10HR)/GT14B-4
1次減速比/2次減速比 1.562/2.693
クラッチ形式 湿式,多板
変速装置/変速方法 常時噛合式6速/リターン式
変速比 1速2.500 2速1.722 3速1.350 4速1.111 5速0.962 6速0.846
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター/トレール 26°00′/109mm
タイヤサイズ(前/後) 120/70ZR17M/C(58W)/180/55ZR17M/C(73W)(前後チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式ダブルディスク/油圧式シングルディスク 
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドランプバルブ種類/
ヘッドランプ
LED/LED

※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率。
※3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果からの計算値。
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれません。

>>Webike 車種別情報:ヤマハ FJR1300A

>>Webike 車種別情報:ヤマハ FJR1300AS

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. アルパインスターズの国内代理店である岡田商事が、東京モーターサイクルショーの会場でエアバッグ…
  2. ヤマハは、2サイクルエンジンと軽量な車体で一世を風靡した「RZ250」のガソリンタンクの「ニ…
  3. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  4. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
ページ上部へ戻る