[HONDA]CEV Rd.3 長島が2位/3位で連続表彰台。山田は11位/8位となる

160608_143

FIM CEVレプソルインターナショナル選手権の第3戦は、モーターランド・アラゴンで開催されました。2009年、アルカニス郊外に誕生したこのサーキットは、アップダウンの豊かな、5㎞を超えるロングコースで、7の右コーナーと、10の左コーナーが連続。それもブラインドコーナーが多く、攻略の難しいコースとして知られています。2010年からは、ロードレース世界選手権の舞台となっています。

Moto2 レポート

Moto2クラスでは、開幕戦で転倒し、左腕の負傷が心配されていた長島哲太(Ajo Motorsport A.)が元気な姿を見せました。長島は予選から好走。3番グリッドを獲得し、フロントローに並びました。山田誓己(Nobby H43 Honda)は7番手、3列目からのスタートとなりました。

160608_144

1レース目、長島はスタートからトップ集団を走ります。トップに立ったのはアラン・ティーチャー(NTS T Pro project)、それを追う4台がセカンドグループを引き離し、激しいトップ争いを繰り広げます。長島は積極的に仕掛け、5ラップ目に自身のファステストラップを叩き出して2番手に浮上。ティーチャーの背後に迫ります。レース中盤、勢いを増したスティーブン・オデンダル(AGR TEAM)がトップに立ち、ティーチャー、長島、アウグスト・フェルナンデス・グエッラ(TARGOBANK CNS MOTORSPORT)が追います。長島はティーチャーとのバトルを展開しながらトップを追いますが、オデンダルは逃げ、15ラップを走りきって優勝。長島が2番手争いを制してチェッカー、3位にティーチャーとなりました。山田は数珠つなぎの5番手争いに加わりますが、接触でポジションダウンの末、11位となりました。

レース2はオデンダルがホールショットを奪ってレースをリード。長島はトップ争いに食い込みます。そんな中、2ラップ目に転倒車のタンクから漏れたガソリンに引火して火災が発生。多重クラッシュが起きて赤旗中断に。15ラップのレースが10ラップに短縮されて再スタートとなりました。

160608_145

レースは、再スタートで飛び出したオデンダルと、それを追う4台によってトップ集団が形成されました。長島は4番手につけ、激しいバトルを繰り広げます。一方の山田は8番手につけ、トップ集団を追いました。レース中盤になると、トップ集団はオデンダル、元ロードレース世界選手権のチャンピオンである、ワイン・ガードナーの息子であるレミー・ガードナー(RACE EXPERIENCE)、ティーチャー、長島、グエッラ、エリック・グラナド(PROMORACING)の6台に増えます。長島はファステストラップを記録しながら2番手に浮上しますが、ラインを外して4番手にポジションダウン。そこから追い上げを図りますが、オデンダルが逃げきりダブルウインを達成。2位にティーチャーが、3位には長島が入りました。ディマス・プラタマ(ASTRA Honda Racing Team)と8番手争いを繰り広げていた山田が8位、プラタマは9位となりました。

160608_146

Moto3 レポート

Moto3クラスでは、Asia Talent T.から参戦している鳥羽海渡が5番手、真崎一輝が7番手、佐々木歩夢が12番手からのスタートとなりました。

160608_147

決勝で飛び出したのはマルコス・ラミレス(KTM)。鳥羽は4番手、真崎は8番手、佐々木は11番手でオープニングラップをクリアしました。ラミレスが逃げ、それを5台が追う、6台によるトップ争いが展開します。その後方では、6台のセカンド集団がバトルを繰り広げながらトップグループを追いかけました。

160608_148

鳥羽はトップ集団で果敢に前へ出て、首位に立ったアロンソ・ロペス(JUNIOR TEAM ESTRELLA GALICIA 0,0)の背後に迫ります。7ラップ目には、鳥羽がロペスを捕らえてトップに立ちます。ですが、集団から抜け出すことはできず、激しいトップ争いを続けることに。

160608_149

終盤に主導権を握ったのはラミレスで、そのまま優勝。2位にロペス、3位にロレンソ・デッラ・ポルタ(ハスクバーナ)、鳥羽は4位となりました。最終ラップまで続いたバトルの末、佐々木が9位、真崎が10位でチェッカーを受けました。

160608_150

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る