[REPSOL]MotoGP Rd.7 マルケスがペドロサと共に表彰台。タイトル争いでトップを奪還

160607_56

カタルニアGPのレースはルイス・サロンの追悼で感動的な瞬間の静けさから始まり、マルク・マルケスとダニ・ペドロサがそれぞれ2位、3位で終えた興奮のレースで最高潮に達した。二人のレプソル・ホンダチームのライダーは、表彰台の上でレースの勝者バレンティーノ・ロッシと並んで、金曜日の練習走行中の事故で亡くなったサロンへの賛辞を送った。

レースのスタートでのオーバーテイクがあり、ロッシとマルケスが先頭に立ち、ペドロサがそのすぐ後ろに位置した。残り3周、マルケスが勝利を目指しプッシュしたが、ロッシと何度か順位を入れ替えたが、残り2周でミスをして2位となった。この結果、マルケスは125ポイントでタイトル争いのトップに立った。他のライダーとの衝突でレースを終えた2位のホルヘ・ロレンソとは10ポイント差。ペドロサは82ポイントで4位。

難しい週末のモトGPのパドックでの前向きな結末は、レース終了後のマルケスとロッシの握手だった。

→全文を読む

情報提供元 [ REPSOL ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る