[BRIDGESTONE]JMX Rd.4 IA1 成田亮が今季6勝目・平田優が2勝目をマーク ブリヂストン勢が表彰台を独占

160607_54

2016年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第4戦SUGO大会は、宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。会場のスポーツランドSUGOは、小高い山の尾根を超えて行き来するマウンテンコースで、かつて世界選手権を開催した国際格式のコース。

大会ごとにコンビネーションジャンプなどレイアウトが一部変更され、また元々の路面が粘土質で固く締まりやすいために、走行開始前に掘り返しや散水など入念なメインテナンスが施される。

大会期間中は土日とも好天に恵まれて、気温も上昇しつつ湿度が低めだったたため砂埃が舞うシーンも見られたが、4200人と昨年を大きく上回る数のファンが訪れ白熱のバトルを楽しんだ。

IA1 ヒート1

ホールショットを決めたのはポイントリーダーの成田亮(ホンダ-ブリヂストン)。オープニングラップに熱田孝高(スズキ-ブリヂストン)がトップに浮上。成田・小島庸平(スズキ-ブリヂストン)・新井宏彰(カワサキ-ブリヂストン)・平田優(ヤマハ-ブリヂストン)が続き、早くもブリヂストン勢の上位独占でトップ争いがスタートする。

2周目、成田が熱田を抜き返してトップに立つと、前半は成田・熱田・小島・新井・平田のオーダーでレースが進行。6周目、小島が熱田と順位を入れ換えて成田の背後に迫るが、成田も隙を与えずトップ争いは膠着状態となる。

後半、新井がポジションを落とし平田が4番手に。終始安定したペースでラップを刻んだ成田は、小島と熱田を従えてトップでチェッカーを受け今6勝目をマーク。小島が2位、熱田が3位。平田がこれに続きブリヂストン勢が表彰台を含め上位を独占した。

→全文を読む

情報提供元 [ BRIDGESTONE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る