[KTM]MotoGP Rd.7 Moto3 ビンダーは2位でフィニッシュ。総合の首位を堅持

160607_52

『2016MotoGP/第7戦スペイン・カタルーニャ』。
小排気量クラス/Moto3にRed Bull KTM Ajoから参戦した#41 Brad Binder(ブラッド=ビンダー)は2位、4連勝はなりませんでした。

チームメイトでMoto3ルーキーの#64 Bo Bendsneyder(ボー=ビンドシーダー)は11位でレースを終えました。

これまで3連勝と好調なビンダーはポールポジションからのスタート。トップグループは各コーナーで数人のライダーが順位を入れ替える、相変わらずの激しいレース展開。そんな中ビンダーは時折トップに立ちながらも無理をせず、勝負をかけるタイミングをはかります。

そしてラスト2周となったとき同じくKTMを駆るガブリエル=ロドリーゴがクラッシュ。ビンダーは危うくその巻き添えとなりかけましたがなんとか踏みとどまります。そこから猛烈に追い上げたビンダーは8位から一気に順位を上げ2位でチェッカーを受けました。

また今大会では、かつてRed Bull KTMファクトリーチームの一員としてMoto3クラスを戦ったルイス=サロムが、Moto2クラスのフリープラクティス中のアクシデントにより亡くなりました。

彼の家族や友人、そしてチームにお悔やみを申し上げるとともに、サロムのご冥福をお祈りいたします。”You will always ride with us #39″

ビンダーのコメント

終盤はトップグループの後ろについてチャンスをうかがっていた。コースの前半にアドバンテージがあったので、そこで仕掛けるつもりだった。しかしロドリーゴのアクシデントがあった。運良くクラッシュは免れたが、ラスト3周は誰よりも速いペースで走れていただけに残念だ。唯一の救いは転倒していてもおかしくないような状況で踏みとどまり表彰台に立てたことだ。

次戦/第8戦は6月26日(日)にオランダ・アッセンで開催されます。

Moto3クラス 決勝結果

1, Jorge Navarro
2, Brad Binder – KTM
3, Enea Bastianini
4. Romano Fenati – KTM
5. Nicolo Bulega – KTM
Other KTM
7. Fabio Quartararo
8. Joan Mir
11. Bo Bendsneyder
13. Juanfran Guevara
17. Philipp Oettl
18. Andrea Migno
19. Andrea Locatelli
DNF Davide Pizzoli
DNF Gabriel Rodrigo
DNF Maria Herrera

Moto3クラス ポイントスタンディング

1, Binder (KTM), 147 points
2, Navarro, 103
3, Fenati (KTM), 80
4, Bulega (KTM), 66

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ヤマハ セロー250】 ディテール&試乗インプレッション 2017年に更に厳しくなる排…
  2. NEXCO中日本は、「第11回 高速道路と風景フォトコンテスト」の入賞作品を決定した。また、…
  3. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  4. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
ページ上部へ戻る