[HONDA]JMX Rd.4 IA1 成田が総合優勝でランキング首位を守る

160607_49

■2016年6月5日(日)・決勝
■会場:スポーツランドSUGO
■天候:晴れ、ときどき曇り
■気温:25℃
■コースコンディション:ドライ
■観客:4200人

IA1 レポート

HondaのワークスチームであるTeam HRCから参戦するIA1の成田亮とIA2の能塚智寛に加えて、LADIESクラスの中野洋子(T.E.SPORT)もシリーズランキングトップをキープして、シーズン中盤戦に突入した全日本モトクロス選手権。第4戦は、今季最終戦の舞台にも設定されている宮城県のスポーツランドSUGOで開催されました。

2つの丘をつなぐように、自然の地形を生かしながらレイアウトされたコースは、アップダウンに富むハイスピードかつテクニカルな構成。近年は、大会ごとに細部の仕様が変更されることが多く、勝利を目指すライダーたちには優れた対応力も要求されます。決勝が繰り広げられた日曜日の天候は晴れときどき曇り。午前中は蒸し暑さも感じましたが、午後になってやや涼しくなり、過ごしやすい環境となりました。レースウイークに入って好天が続いたことから、路面はかなり乾いた状態。それでも日曜日は、入念なコース整備でほこりの発生が最小限に抑えられました。

前戦のヒート2で、開幕から続いていた成田の連勝がストップ。とはいえ、成田はランキング首位でこの地元大会を迎えました。決勝ヒート1、その成田は最高のスタートダッシュで1コーナーに飛び込み、トップでクリア。しかし、混戦の中で熱田孝高(スズキ)の先行を許し、オープニングラップは2番手でした。

2周目、熱田をパスした成田が再びトップに浮上。しかしその後、成田はリードを拡大できず、熱田や小島庸平(スズキ)、新井宏彰(カワサキ)、平田優(ヤマハ)のマークを許していました。レースが中盤に入った6周目、熱田に代わって小島が2番手となりましたが、その状況は変わりませんでした。

レース前半が終わった8周目の段階で、成田のリードはわずか約1秒。追い上げてきた深谷広一(スズキ)までもがトップグループに加わり、プレッシャーがかかる状況の中、それでも成田は懸命に逃げを図りました。そして、集団の中で最後まで追いすがった小島を約1.8秒差で抑え、今季6勝目をマークしました。

ヒート2での成田は、スタート直後に待ち構える急勾配の大きな坂に4番手で進入すると、まずは前を走っていた熱田をパスして3番手にポジションアップ。平田と小方誠(カワサキ)を追って2周目に突入しました。そして、この周のうちに小方を攻略。その勢いを保ったまま、今度は先行逃げきりを図る平田を追いました。

しかし、両者のラップタイムはほとんど変わらず、コンマ数秒の違いが生まれる程度。息が詰まる展開の中、成田は逆に平田にリードを広げられることに。それでも、6周目の時点でその差は約2.2秒と、少しのミスですぐに順位が入れ替わる位置で、成田は平田にプレッシャーを与え続けました。

その後、成田はハイペースを維持し続けましたが、平田との差は縮まらず、レースが終盤に入ったところで、5秒以上の差を与えてしまいました。ラスト数周、成田の背後には小島と熱田が接近。そしてラスト2周でテールトゥノーズになりました。しかし最後は、成田がスパートしてポジションを守り、2位でゴールして総合優勝を獲得しました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  2. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  3. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
  4. 20170206_eu05
    【Webikeニュース編集部】 平成28年規制で欧州規制EURO4とほぼ同等に 2016…
ページ上部へ戻る