[SUZUKI]JMX Rd.4 小島庸平が両ヒート表彰台に登壇。2-3位で総合3位

160607_44

■2016年6月5日
■全日本モトクロス選手権 第4戦 SUGO大会
■スポーツランドSUGO(宮城県)

小島庸平は2-3位で総合3位。熱田は第1ヒート3位で総合4位。

MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第4戦SUGO大会は、宮城県柴田郡村田町のスポーツランドSUGO インターナショナルモトクロスコースで開催された。好天に恵まれた土日二日間。コースはいつもと同じレイアウトだが、一部のセクションが手直しされた他、走行前に掘り返し作業を行って変化を持たせる。強い日差しが照りつけた土曜日は散水が追い付かずホコリの舞うシーンも見られたが、決勝日はほぼベストコンディションとなり、公式発表で4200名の観客が訪れ、随所で繰り広げられた激しいバトルをスタンド席やコースサイドから見守った。

昨シーズン最高峰IA1クラスの初タイトルを獲得し、連破を目指す小島庸平とランキング2位の熱田孝高、IA2クラスに竹中純矢と昨年と3人体制を敷くTeam SUZUKI。小島はこのコースとの相性も良く、一方宮城在住の熱田にとっては正に地元での大会。竹中は前回中国大会でクラッシュした際のダメージが残るが、いずれも優勝を目標にシリーズ中盤戦を迎えた今大会に臨んだ。

IA1クラス第1ヒート。ホールショットこそ逃したものの、揃って好スタートを決めた熱田と小島は、熱田が一気にトップに浮上し、小島は3番手でオープニングラップをクリア。2周目、熱田は成田 亮(ホンダ)の先行を許し2番手に後退するが、小島と共に成田の背後を捉えて反撃のチャンスを伺う。6周目、小島が熱田と順位を入れ換えて2番手に浮上。先頭を走る成田にテールtoノーズでプレッシャーを与えた小島は、後半12周目にこのヒートのベストタイムをマークして激しくチャージするが、逆転にはあと一歩及ばず2位でフィニッシュ。一方3番手を走行する熱田は、後半、平田 優(ヤマハ)の追撃を受けるが、完璧にこれを押さえ込み3位でチェッカー。小島は前回中国大会に続き2戦連続、熱田は開幕戦以来となる3位表彰台を獲得した。

IA1クラス第2ヒート。ホールショットを奪ったのは平田。確実にスタートを決めた熱田は4番手、スタートでやや出遅れた小島は7番手でオープニングラップをクリアする。2周目、熱田は小方 誠(カワサキ)をパスし3番手に浮上。一方の小島も確実に順位を上げ、4周目には熱田とポジションを入れ換え、小島が3番手、熱田4番手で上位2台を追走する。後半、2番手を走る成田の背後を捉えた小島と熱田は、勝負のタイミングを図るとまず熱田が小島の前に出ようとチャージするが、ここで熱田は痛恨の転倒。ラストラップ、満を持して成田に勝負を挑んだ小島だったが、周遅れライダーが目の前で転倒する不運に見舞われて逆転はならず、小島は3位。転倒後すぐに再スタートした熱田は4位でチェッカーを受けた。

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ■大会名 ルマン24時間耐久レース ■開催地 フランス・ルマン ■開催期間 …
  2. ユーザー:みなぎさん 車種名:SUZUKI GSX250S カタナ 期間:2017…
  3. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 ドゥカティの「持ち味」「個性」の共通認…
  4. 多重クラッシュの中、唯一後ろを振りかえらずにチェッカー FIMアジアロードレース選手権 (…
ページ上部へ戻る