[Team KAGAYAMA]SAC Rd.3 レース1 イーアン ジェイ ソラシト選手が初優勝! 服部真騎士選手が今シーズン日本人初表彰台を獲得!

160607_113

■大会名
2016 FIMアジアロードレース選手権 (ARRC) シリーズ 第3戦

■開催日
2016年6月4日~6月5日

■開催場所
三重県・鈴鹿サーキット

 
スズキ・アジアン・チャレンジ(SAC)が組み込まれているFIMアジアロードレース選手権 (ARRC)は、4月のマレーシアでの開幕戦に続き、5月のタイでの第2戦、そして鈴鹿での第3戦を迎えた。

2015年に発足し、2シーズン目を迎えたSACは、加賀山就臣がプロデュース・監修するスズキのライダー育成プログラムで、アジア各地から16名の選手が集まって、スズキの150㏄ロードモデル、新型SATRIA(サトリア)F150を使って国際派ライダーとしてのテクニックとモラルを磨く場となる。SACは1イベントで2レース行なわれるスケジュールとなっており、この第3戦も、6月4日(土)に予選とレース1、5日(日)にレース2が行なわれることとなる。

 

予選

予選セッションでは、#43 April King H. Mascardo(エイプリル キング・マスカルド/フィリピン)選手が2分52秒455でポールポジションを獲得。エイプリル選手のポールポジション獲得は、フィリピン人ライダーによる国際格式レースで初ポールポジションと言える。また、前日の練習走行では2分55秒台に入れた選手はわずか2名だったが、この予選セッションでは、9名が55秒台に入る健闘ぶりを見せた。

 
2160607_114

 

レース1

鈴鹿国際レーシングコース5周で争われる決勝レース1では、#43エイプリル選手がスタートから先行。しかし、エイプリル選手は後続を引き離すことができず、最終的にトップ4台によるバトルとなった。そのバトルの決着は最終ラップ最終コーナー手前のシケインでつくことになった。エイプリル選手、#87 Muhammad Sapril(ムハマド・サプリル/インドネシア)選手、#20 Jefri Tosema(ジェフリー・トセマ/インドネシア)選手のトップ3がシケインの進入で接触し、3台ともがまさかの転倒。

 
2160607_115

そして、4番手を走行していた#22 Eane Jaye Solacito Sobretodo(イーアン ジェイ ソラシト・ソブレトド/フィリピン)選手がこの混乱を抜け、フィリピン人で初の国際格式レースでの優勝となった。続く2位には、#29 Mario U.Borbon Jr.(マリオ・ボルボンJr./フィリピン)選手、そして#11 服部真騎士(はっとりまきし)選手が今シーズンの日本人初表彰台となる3位に入賞となった。転倒した3台の選手は7位、6位、5位でチェッカーフラッグを受けている。

 
2160607_116

他の日本人では、#27 佐藤進之介(さとうしんのすけ)選手は8位、#41 芳賀瑛大(はがあきと)選手は10位でレースを終えている。

 

◎Eane Jaye Solacito Sobretodo(イーアン ジェイ ソラシト・ソブレトド) | #22

「鈴鹿は、すごくチャレンジングなコースです。シケインの右コーナーは苦手なんですが、こういったチャレンジングなコースは好きです。今日のレースはずっとトップ争いに絡んでいて、最終ラップの2コーナーでいったんは前に出たんですが、また集団に飲み込まれてしまいました。最終のシケインで前を行く3台が転びそうな勢いで入っていきました。それでもし転倒されても被害の無いように準備はしていました。今日はSACで初優勝となりました。フィリピンにはいろんなカテゴリーのレースがありますが、国際格式レースで初めての優勝です。SACというプログラムに参加できていること自体、うれしいですし、すごく誇りに思います。」

 
160607_120

 

◎加賀山就臣 | ジェネラルマネージャー

「まず、今日のレースは、イーアン ジェイ選手が優勝しましたが、国際格式レースのフィリピン人初優勝だということで、おめでとうございます。レースはサプリル、エイプリル、ジェフリーの3選手が転倒してしまいましたが、ドラマチックで面白いレースでした。

スズキの新型サトリアF150は、ラップタイムで昨年と比べ5秒以上速くなっており、ポテンシャルも十分発揮してくれたと思います。引き続きレース2もみんながいいレースをしてくれることを期待しています。」

160607_121

 

◎八代俊二 | ライダーコーチ

「一旦は縦に長いレースとなりましたが。またダンゴ状態になってトップは4台で競い合う緊迫感のあるレースでした。最終ラップで残念な多重クラッシュが起きてしまい大逆転という非常にドラマチックなレースでしたがすごく楽しませてもらいました。3選手にケガはなく、ポイントも獲得できてよかったと思います。

明日のレース2も、ワンメイクレースらしい緊迫したレース展開を期待したいと思います。ただしクラッシュしないように気を付けてもらいたいですね。」

 
160607_119

 

【Webikeショッピング】
Team KAGAYAMA OFFICIAL GOODS

→全文を読む

情報提供元 [ Team KAGAYAMA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る