[Team KAGAYAMA]ARRC Rd.3 厳しい展開となったレース1、両選手ともに完走

160607_102

■大会名
2016 FIMアジアロードレース選手権 (ARRC) シリーズ 第3戦

■開催日
2016年6月4日~6月5日

■開催場所
三重県・鈴鹿サーキット

■ライダー
パティス・チョープラテット| #98
芳賀紀行 | #41

 
加賀山就臣がゼネラルマネージャー兼チーム監督を務めるTeam KAGAYAMA SUZUKI Asia は、三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキットでFIMアジアロードレース選手権 (ARRC) の第3戦を迎えた。

 

レース1

チームが参戦するARRCのスーパースポーツ600クラスは、この日、午前中に予選セッション、そして午後にレース1が予定されていた。加賀山就臣がプロデュースする小型車のワンメイクレース「スズキ・アジアン・チャレンジ」からステップアップした98号車のパティス・チョープラテット、そして41号車の芳賀紀行の2名は、前日の練習走行からSUZUKI GSX-R600のセットアップを進めて、この予選及び決勝に備えていた。

 
kagayama_jrr2016_rd03_02

この日最初のセッションである予選セッションでは、パティスが、2分15秒808。そして芳賀紀行が2分13秒416のタイムでセッションを終了。レース1およびレース2の両方に適用されるグリッドは、それぞれ24番、16番グリッドとなり、激しい追い上げが必要なポジションとなってしまった。

 
kagayama_jrr2016_rd03_03

レースは全長5821m、18個のコーナーを持つ鈴鹿サーキットの国際レーシングコースを13周で争うこととなる。レース1決勝では、両選手ともにまずまずのスタートを見せ、ポジションをアップ。さらに上位をうかがっている5周目に、1台の車両が転倒出火したため、レースは赤旗中断となってしまう。この時点で芳賀が14番手、パティスは20番手。

 
kagayama_jrr2016_rd03_04

レースはいったん仕切り直しとなり、5周でのレースで再スタート。芳賀が11番手、パティスは21番手でフィニッシュ。このパート1とパート2を合算した9周のタイムで決まることとなり、結果レース1の順位は芳賀が12位、パティスは21位となった。

 

◎パティス・チョープラテット| #98

「レースの前半は非常に良い状態で走ることができたのですが、再スタート後はリアタイヤのグリップがなくなってしまって、ペースも上げることができないままレースが終わってしまいました。ただ、予選のアタックタイムよりもさらにベストタイムは更新できたので、明日はさらに上のポジションで走れるように頑張ります。」

 
kagayama_jrr2016_rd03_06

 

◎芳賀紀行 | #41

「昨日の走り出しからセッティングを変えてきました。車体フィーリングもまぁまぁなんですが、他の部分の問題が発生するなどして非常に乗りにくいマシンになってしまいました。現在その検証をしている最中です。予選では今回のベストタイムを更新したわけですが、それ以上とはいかず、いつも通りのポジションに落ち着いてしまったな、という状況でした。レース1は車両がそのような状況だったのでごまかしながら走りました。明日のレース2は天候が怪しいですが、昨年も雨のレースで表彰台を獲得したので、去年の流れのようにいければと思います。」

kagayama_jrr2016_rd03_07

 

◎加賀山就臣 | ゼネラルマネージャー兼チーム監督

「今日は、パティス選手は、赤旗で中断するまではペースもよく、一時は17番手あたりまでポジションをアップするなどしてくれていて、期待をしたのですが、リスタート後はいい走りをできなかった。もう少し上のポジションをキープできるようにバックアップをしていきたいですね。芳賀選手には、車体の問題を解決できないまま決勝に送り出してしまったわけで申し訳なく思います。明日はいいマシンを与えられるよう、チームにも頑張って支えていきたいと思います。」

 
kagayama_jrr2016_rd03_07

 

【Webikeショッピング】
Team KAGAYAMA OFFICIAL GOODS

→全文を読む

情報提供元 [ Team KAGAYAMA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  2. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  3. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  4. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
ページ上部へ戻る