[HONDA]ARRC Rd.3 レース1は高橋が2位、小山が3位。レース2は高橋が優勝、小山が2位で1-2フィニッシュ

160607_17

■2016年6月4日(土)、5日(日)・決勝
■会場:鈴鹿サーキット
■観客:土曜日7200人 日曜日1万500人

スーパースポーツ 600cc(レース1) レポート

アジアロードレース選手権(ARRC)第3戦が三重県の鈴鹿サーキットで開催されました。金曜日にはフリー走行が3回行われ、高橋裕紀(MuSASHi Boon Siew Honda Racing)が、すべてトップタイムをマーク。土曜日に行われた予選でも高橋がポールポジションを獲得しました。今シーズン、まだ勝利のない高橋は、母国レースで本来の調子を取り戻す走りを見せています。

決勝でも高橋はホールショットを決め、幸先いい展開でスタートします。デチャ・クライサルト(ヤマハ)に130Rでトップを譲ったものの、2ラップ目には首位を再び奪い、激しいトップ争いを繰り広げます。僅差の3番手を争うのは、小山知良(T.Pro Yuzy Honda NTS)とディマス・エッキー・プラタマ(Astra Honda Racing Team)。5番手を争いはラタポン・ウィライロー(AP Honda Racing Thailand)、アハマド・ユディスティラ(カワサキ)の上位6台が激しい争いを繰り広げながら周回を重ねました。

160607_18

しかし、5ラップ目に最終コーナーで転倒したマシンが炎上。赤旗が提示されました。コース整備を終えて、残りの周回は5周で争われることに。4ラップ終了後の順位でグリッドに着くことになりました。再開されたレースでは、ホールショットはクライサルトが決めます。それを小山、プラタマ、アズラン・シャー・カマルザマン(カワサキ)、高橋が追いかけます。そこに、伊藤勇樹(ヤマハ)、ザクゥアン・ザイディ(MuSASHi Boon Siew Honda Racing)も加わり7台のトップ争いとなります。

そこからは、クライサルト、カマルザマン、高橋、小山が抜け出し、最終ラップの攻防は激しさを増します。最終シケインでは、コーナーとラインがクロス。激しい競争の中で、真っ先にチェッカーをくぐったのはクライサルトでした。以下、2位にはカマルザマン、3位は高橋、4位に小山。5位には伊藤が入り、6位はプラタマ、7位はザイディが順にチェッカーを受けています。

レース結果は再開前のレースとの合算となり、優勝はクライサルト、2位に高橋、3位は小山となり、3人が表彰台に上りました。

スーパースポーツ 600cc(レース2) レポート

スーパースポーツ600のレース2は、朝から降っていた雨も上がり、完全なドライコンディションの中、15周で争われました。

スタートで飛び出したのはデチャ・クライサルト(ヤマハ)、そのあとに続いたのはチャランポン・ポラマイ(ヤマハ)、高橋裕紀(MuSASHi Boon Siew Honda Racing)、ゲリー・サリム(Astra Honda Racing Team)、小山知良(T.Pro Yuzy Honda NTS With WOW)、ディマス・エッキー・プラタマ(Astra Honda Racing Team)に加え、伊藤勇樹(ヤマハ)、ラタポン・ウィライロー(AP Honda Racing Thailand)、ザクゥアン・ザイディ(MuSASHi Boon Siew Honda Racing)と、数珠つなぎとなっていきました。

160607_19

高橋が3ラップ目にクライサルトの背後に迫ると、2台は後続を引き離し始めます。4ラップ目には高橋がトップに立ちますが、メインストレートでクライサルトが前に、その後、高橋がS字で交わすなど、一進一退の攻防が続きました。8ラップ目には、3番手争いの集団もトップ争いに追いつき、14台の集団となります。

10ラップ目にはクライサルト、伊藤、高橋、小山がその集団から抜け出し、トップ争いは4台に絞られました。そして、12ラップ目にトップでシケインに入ったクライサルトが転倒。その脇をすり抜けた高橋が先頭に立ち、そのままうれしい初優勝を飾りました。2位に僅差で小山が入り、伊藤が3位でチェッカーを受けました。

160607_20

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る