[HONDA]MXGP Rd.10 ガイザーが総合2位、バブリシェフが総合3位でHonda勢は2戦連続のダブル表彰台

160607_16

MXGP レポート

モトクロス世界選手権は第10戦を迎え、フランスGPが開催されました。ポイントランキング首位に立つティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)は、レース1で優勝、レース2でも2位に入り、総合2位で開幕からの連続表彰台登壇を継続。Team HRCのイブジェニー・バブリシェフも、4位/3位で開幕戦以来のポディウム登壇を果たしました。なお、チームメートのゴーティエ・ポーリンは、地元大会に気合を入れていましたが、土曜日に喫した転倒の影響で欠場を余儀なくされました。

レース1のスタート直後、ガイザーは4番手、バブリシェフが5番手につけます。ガイザーは、トップを走るロマン・フェーブル(ヤマハ)を猛追。2人が抜け出す展開になりますが、残り3分の1というところで先頭に立ちます。そのままフェーブルのプレッシャーを抑えきり、約0.6秒差でトップフィニッシュを果たしました。バブリシェフは2周目で4番手にポジションをばん回すると、3番手を目指してペースを上げますが、あと一歩及ばず、4位でチェッカーを受けました。

レース2も同様の展開となり、ガイザーはフェーブルと激しいトップ争いを繰り広げます。しかし、周回遅れの処理でタイムを失ってしまい、このレースでは2位に。同ポイントながら総合順位も2位となりました。一方のバブリシェフもスタートで3番手につけると、そのまま単独走行状態に。3位でフィニッシュし、総合順位も3位で、開幕戦カタールGP以来今季2度目の表彰台登壇となりました。

この結果、ポイントランキングでは、ガイザーが2位に24ポイント差をつけて首位をキープ。バブリシェフも5位を維持しています。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る