[SUZUKI]MotoGP Rd.7 決勝 ビニャーレス、ホームGPカタルニアで健闘の4位

160607_12

■2016年6月5日
■MotoGP 第7戦 カタルニアGP 決勝
■場所:スペイン バルセロナ カタルニアサーキット

チームスズキエクスターのマーベリック・ビニャーレスが、MotoGPクラスで2度目のレースとなるホームGPカタルニアで、レース前半、トップグループに喰らいつく激しい走りを見せ、大健闘の4位入賞。オープニングラップではスターティングポジションの6番手からひとつ順位を上げ、5番手に。5周目にはコースレコードタイムの1’45.971をマークするも、中盤からタイヤグリップの低下によりペースダウンを強いられ、惜しくも表彰台を逃すこととなった。

チームメイトのアレイシ・エスパルガロは、電子制御系の不具合により、トラクションコントロールがうまく作動せず、序盤から苦戦を強いられる。中盤にタイヤのグリップが低下してからは状況がさらに悪化し、走行不能と判断したライダーが、残り7周で自らピットイン。期待のホームGPを、痛恨のリタイアで終えることとなった。

チームスズキエクスターは、このままカタルニアサーキットに残り、IRTAテストに参加する。今日のレースデータを基に、今後のレースに向け、エボリューションシャーシおよび電子制御系のセットアップをさらに詰めていく。

【フォトギャラリー】
【SUZUKI】MotoGP Rd.7 ビニャーレスがホームGPカタルニアで健闘の4位

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハーレーダビッドソンは、2019年モデルの公道試乗会『ハーレーダビッドソン ベイサイドライド…
  2. Hondaウエルカムプラザ青山は、11月3日(土・祝)・4日(日)に開催された『カフェカブミ…
  3. 【OGA 小川裕之:エクストリームバイク スタントライダー】 大変お待たせ致しました!…
  4. ▲Scrambler1200 Quartz着信時表示 トライアンフは、2019年モデルに新世代…
ページ上部へ戻る