[HONDA]MotoGP Rd.7 予選 マルケスが今季3回目のポールポジション。ペドロサは今季初のフロントロー獲得

160607_10

■2016年6月4日(土)・予選
■会場:カタルニア・サーキット
■天候:晴れ
■気温:25℃
■コースコンディション:ドライ

MotoGP レポート

前日の事故を受けて、カタルニアGPの予選と決勝は、コース後半セクションのスピードを落とすために、ヘアピンとシケインを使用するF1コースで行われることになりました。従来の2輪コースは、一周4.727km(コーナー数は13)。F1コースは、4.655kmと72m短く(コーナー数は16)、全体的にスピードが落ちることからラップタイムも約3秒ほど遅くなりました。

コース前半は従来通りの高速セクション。後半はスローコーナーが続くテクニカルセクション。選手たちにとっては、コース攻略とセットアップに集中するハードな一日となり、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が今季3回目のポールポジション(PP)を獲得しました。

前戦イタリアGPでは予選4番手と17戦ぶりにフロントローを逃す悔しい結果でしたが、ホームGPを迎えたマルケスは、3回目のフリー走行で2番手、4回目のフリー走行でトップタイムをマークすると、予選では、2番手のホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)に0.467秒の大差をつけてPPを獲得。地元ファンから大きな声援を送られていました。

チームメートのダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、今季初のフロントロー獲得となる3番手につけました。3回目のフリー走行で3番手につけたペドロサは、4回目のフリー走行ではロングランを実施して8番手へとポジションを落としますが、予選では一気にタイムを上げて3番手に浮上。昨年の最終戦バレンシアGP以来、7戦ぶりのフロントロー獲得となりました。

Repsol Honda Teamの2人がフロントローから決勝に挑むのは、昨年の最終戦バレンシアGP以来。第2戦アルゼンチンGPに続いて、2人揃っての表彰台獲得に挑みます。

初日のフリー走行で3番手と好スタートを切ったカル・クラッチロー(LCR Honda)が、ニューコースでも快調にラップを刻みました。3回目のフリー走行では9番手でしたが、4回目のフリー走行ではマルケスに続いて2番手に浮上。予選では、PPのマルケスから0.777秒差の7番手と、調子を取り戻してきたクラッチローの走りに大きな注目が集まります。

以下、ジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は19番手、チームメートのティト・ラバトは20番手。ともに追い上げのレースに挑みます。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る