[YAMAHA]MotoGP Rd.7 フリー走行 Movistar Yamaha MotoGP、フリープラクティスで好調

160607_08

■大会名称:第7戦カタルニアGP
■開催日:2016年6月3日(金)フリー走行総合結果
■開催地:カタルニア/スペイン
■コースコンディション:ドライ
■気温:26度
■路面温度:49度

Movistar Yamaha MotoGP、カタルニアGPのフリープラクティスで好調

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシは、カタルニアGP初日に臨んだ。J・ロレンソは、前回のムジェロでの好調をキープし総合トップを獲得。V・ロッシも終始、ハイペースをキープして総合6番手につけ、好調をアピールした。

ロレンソは地元ファンの前で、第1セッションの走行開始早々にトップに立ち、セッション終了5分前までそのポジションをキープ。1分42秒143のベストタイムで2位を獲得した。トップとの差はわずかに0.078秒。

午後からの第2セッションでは、路面温度が49度まで上昇してコンディションが変化したが、ロレンソはその影響を受けることなく、わずか3ラップで1分42秒281を記録し、再びトップに浮上。2番手に0.242秒差をつけ、1分41秒712へ更新し、トップに立った。

ロッシも第1セッションでは着実にペースを上げ、2番手についた。その後はタイヤの耐久性向上を目指してセッティング作業に集中。1分42秒536のベストタイムでトップとの差はコンマ5秒以下。

第2セッションではさらにペースアップ。3ラップ目で1分42秒365に更新。2番手につけ、そのままセッション終盤までポジションをキープした。第1セッション同様、セッティング向上と、様々なタイヤ・オプションを試すことに集中して取り組んだ結果、セッション終盤で他のライダーたちがタイムアタックを始めるなかで少しずつポジションダウン。1分42秒296のベストタイムでトップとの差は0.584秒の6番手となった。

エスパルガロがホームGP初日を好スタート

Monster Yamaha Tech 3のP・エスパルガロは、ホームGPとなるカタルニアフリープラクティス初日にハイペースを披露し、好調を印象づけた。

第1セッションの開始早々から力強い走りを見せ、好調をキープして4番手を獲得。しかし路面温度が上昇した第2セッションは、マシン・セッティングに集中し、4位にわずか0.516秒差の総合13番手となった。明日はさらにペースを上げ、午後からの予選に備える。

B・スミスは、前回のムジェロでの好調を再現するため入念なセッティング作業を実施。第1セッションで出場ライダー中最多の20ラップを走破し、3番手に1秒以内まで近づいた。第2セッションもマシンのセットアップ・ワークと様々なタイヤ・コンパウンドのテストを継続もしながら好調をキープ。総合順位は第1セッションの記録により16番手となった。明日の予選では、今回もまたトップ・サテライトのポジションを目指す。

ヤマハ発動機は、Moto2フリー走行でのルイス・サロム選手の突然の訃報に接し、心からご冥福をお祈りいたします。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  2. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  3. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
  4. 20170206_eu05
    【Webikeニュース編集部】 平成28年規制で欧州規制EURO4とほぼ同等に 2016…
ページ上部へ戻る